は虫類舎

ライオンやトラ、ゾウやキリンなど、動もの園のシンボルに陥る動ものたちは大きい人気があります。
その一方で、動もの園にいる動ものの中には、は虫類のようにスキ嫌いがきちんと分ける動ものもいます。
は虫類は、人によってはずいぶん恐ろしいと覚える場合があるので、必ず万人向けの動ものではありません。
でも、その特殊とも当てはまる姿に魅力を感ずる人もほぼ多いですね。
旭山動もの園にも、さまざまなは虫類が展示されています。
旭山動もの園では虫類の動ものが見掛ける施設は、「は虫類舎」です。
は虫類舎にいる動ものは、エゾアカガエル、アオダイショウ、ミシシッピーアリゲーター、エゾサンショウウオ等です。
エゾアカガエルは、北海道にいる割とノーマルなカエルですが、北海道以外に住んでいる人には、物珍しいかもしれません。
アカガエルよりちょっと体が幅広いのが、エゾアカガエルの特徴です。
アオダイショウは、日本各地にいるヘビですね。
毒の弱いヘビとしても有名です。
ヘビというとその姿や目から何となく恐ろしいというイメージがきつくありますが、本当は割とのんびり屋で、悠然と動いているヘビです。
ミシシッピーアリゲーターは、ワニです。
動もの園の目玉のひとつとも当てはまるワニは、旭山動もの園の開園時から始終います。
ワニは普段はのっそりと動いていて思い切りスローな感じですが、獲ものを捕らえる時はものすごく俊敏になります。
それ以外の時はざっと動かないので、とっても緩急の差が凄い動ものです。