もうきん舎&ワシ・タカ舎

物珍しい鳥を手広く広がるというのも、旭山動もの園の特徴のひとつです。
ただ、旭山動もの園には鳥を展示している施設が多いので、全部をめぐるのは大層大変です。
一日で効率よく転じるには、動もの園に出向く前に自分が見たい鳥がどこにいるのかということを旭山動もの園のホームページ内にあるマップでチェックしておくと良いですね。
そういう中、2010年にオープンした「再びきん舎」では、オジロワシやオオワシといったワシを見ることができます。
ワシははなはだ大きさがあり、精悍な顔立ちをした見た目もカッコ嬉しい鳥です。
旭山動もの園の「更にきん舎」には、シマフクロウ用のスペースもあります。
ですが、2011年の段階ではシマフクロウの姿はなく、釧路市動もの園にいます。
シマフクロウの希少性を考えた場合、一箇所で展示していると感染症に達する恐れがあるため、旭山動もの園にいつでも動ける準備をしているようです。
近い将来、旭山動もの園でシマフクロウを広がる日がくるかもしれませんね。
すでにきん舎にいるワシ以外の種類のワシやタカを見たい場合は、「ワシ・タカ舎」に行ってみましょう。
ワシ・タカ舎は1979年からある長い歴史を有する施設で、オオワシやクマタカを見分けることができます。
タカはワシとよく間違えられますが、真に見てみると体つきや顔立ちがなんにもちがうことがわかります。
タカはワシよりもくちばしが激しく、さらに攻撃的な感じがします。
どちらもまったく幅広い鳥ですが、翼を広げると再び迫力満点です。