北海道産動物コーナー&こども牧場

北海道を舞台としている旭山動もの園は、北海道色を前面に出しています。
そうして、その中それでも殊更「北海道の動ものを見てもらいたい」というコンセプトで生まれた施設が「北海道産動ものコーナー」です。
ここには、北海道ならではの動ものがたくさん展示されています。
先ず、シロフクロウ。
その名前の通り、真っ白なフクロウです。
元々はホッキョクギツネ舎にいましたが、リニューアルに伴ってこちらにお引越ししたそうです。
全く愛嬌のある姿をしているので、見ていて癒されます。
そういったシロフクロウをはじめ、エゾフクロウなど、旭山動もの園には相当9種類ものフクロウがいます。
北海道に生息しているフクロウは10種類で、そのうちの9種類を旭山動もの園で見ることができます。
シマフクロウだけは今のところいませんが、将来的に齎し集める可能性は十分にあります。
北海道産動ものコーナーには、フクロウの他にもミミズク、キタキツネ、エゾタヌキ、エゾリスなどといった北海道ではおなじみの動ものたちがいます。
アカゲラというキツツキの仲間も見極めることができます。
北海道を堪能したい人にはオススメです。
また、旭山動もの園には「こども牧場」というコーナーもあります。
ここでは、真に動ものと触れ合うことができます。
こども牧場にいるのは、チンチラやウサギ、モルモット、犬やポニーなどの子供に人気の大人しい動もの経ちです。
これらの動ものと真に触れ合うことで一層動ものを身近に感ずることができ、心も癒されるでしょう。