東京にあるパワースポット【深川不動尊】

金運アップが見込めるとして人気のパワースポットが東京に在る深川不動尊です。
ここでは金運もそうですが護摩焚きとしても有名だそうです。
江戸時代当時、江戸(今の東京)では歌舞伎役者が思い切り人気で市川団十郎が成田山の不動明王を訪れてお参りしたいと願っていました。
そうして願いを叶えるべく、成田山本尊が深川にある富岡八幡宮内の永代寺で出張開帳が執り行われる事になったそうです。
これをきっかけにして深川不動尊が出来たと言われています。
成田山まで出向くのは大変だった江戸市民は近くにパワーを授かれる場所が出来たとして喜んだそうです。
先程、護摩焚きが有名と書きましたが、「護摩」とは人が抱いている煩悩を不動尊で焚いている火で燃やし尽くして、祈願成就を祈る方法になります。
「護摩」が煩悩の事を指していて、「焚き」は神聖な火を指しています。
そうしてそれは護摩札という形で表す事になります。
この護摩が焚かれる、つまり煩悩が燃やされる儀式で見せつける僧侶のパワーは最強なエネルギーであると言えるのではないでしょうか。
まさにこの護摩焚きの様子を体験してみると、もの恐ろしい迫力とエネルギーに圧倒されてしまい、全身が熱くなる様な感じになるでしょう。
また、祈願成就だけじゃなくて金運アップを求めて訪ねる方もいる様です。
関東にお住まいの方、東京に来る機会が見て取れる方、ぜひ深川不動尊へ止まり、パワースポットとしての力を受けてみてはいかがでしょうか。