パワースポットを自然エネルギーとして分類分けしてみよう

エネルギーというものの存在を認め、本質を見極めて出向く事がパワースポットを考えて出向く上で必要だと思われます。
東京で言うならば皇居は良いらしいとか、東京大神宮は良いらしいとか、等々力渓谷は良いらしいとか言ってもエネルギーの存在を信じなければ意味は無いと思うのです。
ですから自然エネルギーに対して種類や特徴を見極め、パワースポットとしての分類を通していくと良いかもしれません。
まだまだ違うかもしれませんが、世界中にある自然エネルギーは「火」「水」「土」「金」「風」の5つねエネルギーで大別されると思います。
そういった各自然エネルギーについてパワースポットを分類して行くのが良いと思います。
だからといっても一カ所のパワースポットで1つだけの自然エネルギーという訳では有りません。
複数の自然エネルギーが在ると考えられています。
その中で一際力強い自然エネルギーが見受ける所をパワースポットと呼んでいるらしいのです。
だからこそパワースポットとして成り立つというのです。
何種類かある自然エネルギーの中から激しいエネルギーを主エネルギーとして決定し、パワースポットをそれぞれのエネルギー毎に分類していきます。
分類を通して行く事で各パワースポットにはどういう特徴があって、どういう効果が得られて、どんな性質が有るのかというのを把握しやすくなり、パワースポットに行こうとした際に目安になるのではないかと思うのです。
分類自体難しいかもしれませんが、そんなふうにする事でパワースポットの不思議な力を再び把握出来る様になると思いますよ。

「火」として分類されるパワースポット

色々な特性を有するパワースポットが世界各国に有ります。
無論日本にも、代と回の東京にも存在しています。
そのパワースポットの中けれども「火」の自然エネルギーを持つパワースポットはたくさん有ります。
「火」は人間だけじゃなくて全ての動物にとっていとも大切なもので、「生命力」というものに思い切り奥深い関わりを携帯している様な気がします。
そういった強いエネルギーがたくさん集まっているのが火のエネルギーに分類されるパワースポットなのです。
火のパワースポットにはどういうエネルギーが有るのかと言うと、「活動力」「元気」「楽天的」という様な激しい活動力、エナジーが得られるというのです。
動物は有る程度の火のエネルギーを保ち纏める事でやる気を出したり活動力をみなぎらせたりする様になります。
無論それが乏しい性質の火のエネルギーであるとすれば悪い方向に活動的に進んでいく事になるでしょう。
そうして一気に防御についても力が強くなる傾向にあるので免疫という面でも充分に高まって行く様になるのです。
火のエネルギーはやる気をみなぎらせてくれる、こんな力を携帯しています。
逆に火のエネルギーが足りないとやる気や集中力が落ちてしまう為、負の方向に行き易くなってしまいます。
火のエネルギーが満ちているパワースポット。
もしも東京で探すとしたらいかなる場所に有るのか気になる所ですよね。
火のエネルギーを持つパワースポットに赴き、エネルギーをチャージし、最新生活が暮らせる様になるのを期待したいですよね。

「水」として分類されるパワースポット

「水」のエネルギーが強いパワーはなんだか「癒し」「リラックス」と言ったゆっくり静かな感じがするパワースポットだと思います。
東京の水のパワースポットはいったいどこでしょうか。
東京だけではなく全国に有る水のパワースポットを探してみたいと思わないでしょうか。
「水」には浄化をするについてを持っていますので、ありとあらゆるものを清めていただける力を持っているのです。
水は私達の大半を覆っている物です。
身体の中にも水は無くてはならないものになっているし、地球として考えた時にも大半は海となっていますので水は絶対に欲しいエネルギーで有る事が分かります。
こんな水の力を受け取る為には良質な水でなくてはいけません。
清らかで澄んだ水だからこそ水の良いエネルギーを与えて買う事が出来るのです。
逆に汚れた水、濁ってしまった水では水の良いパワーを貰う事が出来ず、逆に濁ったパワーが宿ってしまい、心身ともに悪影響を及ぼして仕舞う事になりかねないのです。
それほど考えると水のエネルギーと言うのはどちらにもなり得るのでこわい存在であると言えますよね。
水がある場所でパワースポットと言っている場所とすれば、先ずは水がキレイかどうかを見極めてみると良いと思います。
海がある場所、川が見て取れる場所、湖が有る場所と水がある場所は様々です。
パワースポットとして行き、エネルギーを得たいのであれば水を見極めて下さい。
そうして心身ともに清めてもらい、癒してもらってください。

「金」として分類されるパワースポット

電磁波や電気というものに関連したエネルギーを「金」のエネルギーと分類されます。
実質的な電磁波や電気ももちろんですが、霊的な事、スピリチュアルに関する事も「金」のエネルギーとして分類される事になります。
そういったエネルギーが集まっている場所を金のパワースポットと呼んでいるのです。
東京の場合、どこに金のパワースポットが有るのか気になる所では有りますし、東京以外でもいかなる所がこれにあたるのか気になりますよね。
金のエネルギーには正のエネルギーと負のエネルギーの両方が存在しているエネルギーになります。
たとえば心霊スポットなんかは金の負のエネルギーとなるのだと思います。
逆に金の正のエネルギーとなるのが神様がいる所という事になるのかもしれませんね。
霊的なエネルギー以外では電磁波や電気のエネルギーと書きましたがいよいよ正のエネルギーと負のエネルギーが存在しているのだそうです。
そういう金のエネルギーが集まっている場所を金のパワースポットとしていますが、ここで持てるエネルギーとしては、身体に不思議で奇跡的な効果が得られるという事で、至って不思議なスピリチュアルなエネルギーが得られるパワースポットではないかと思います。
しかし先程も紹介しましたが、負のエネルギーが有るパワースポットでは逆に身体に悪影響を及ぼして仕舞う公算が有りますので、よく見極めて面白半分で行かない様にください。
喜ばしい見極めを通して金のエネルギーを身体いっぱいにもらいましょう。

「土」として分類されるパワースポット

底力や根気を与えていただける自然エネルギーが土エネルギーだそうで、土エネルギーが多いパワースポットを土のパワースポットと呼んでいます。
根底という意味もありますので、昔ながらと言うか、根本的な原動力が見て取れるとして良いようです。
何だか根気と言ってしまうと負のイメージを思い浮かべるかもしれませんが、ここで言っているのはそんな事では有りません。
心が大きく器が著しい人の事を指しているとしてくれれば良いと思います。
また、風水上でパワースポットは龍穴ないしは龍脈と言っていますが、これ自体も土のエネルギーに分類されるそうなのです。
龍脈で土のエネルギーを運ぶと言うか通して赴き、龍穴に溜めてエネルギーを噴出させるという様な感じとしていただければ良いでしょう。
日本での龍脈と言うのは富士山を基準にして流れている物になります。
それほど富士山は山ですので土エネルギーがもの凄くあり、日本の中心という感じかもしれませんね。
日本最大の土エネルギーを持つパワースポットが富士山なのです。
こうしてみると他の自然エネルギーは一部なものに対して、土エネルギーを持つ場所はとても大きいのが固有だと思います。
東京では土エネルギーを持つパワースポットが有るのか分かりません。
東京以外でも富士山以外で有るか分かりませんがぜひ探して行ってみて大きい心を保ちたいものですよね。
こんな所が土エネルギーのパワースポットの恐ろしい所ではないでしょうか。

「風」として分類されるパワースポット

「風」「森」「植もの」という自然エネルギーの事を風エネルギーと分類しています。
これらのエネルギーが集まっている場所を風のパワースポットとして表しているのです。
これらの共通点はと言うと、空気や酸素、大気という育て上げるのに関連してエネルギーという事になるらしいです。
都内で言うとどこでしょうか。
等々力渓谷でしょうか、明治神宮でしょうか。
都内にもたくさん在ると思いますので探してみると良いと思います。
先程も挙げましたが風のエネルギーは酸素を共有していると考えても良いと思います。
酸素は人が生きて行く上で絶対に欠かせないものです。
酸素と大気で循環して赴き風の流れがエネルギーとなってこちらに力を与えているのです。
パワースポットとしては自然がたくさん在る場所という事になるでしょうか。
自然と交わり、心を癒し、心身ともに健康にして行くそういうエネルギーが見て取れるのが風エネルギーだと思うのです。
また生きていく上で欠かせない生命力のエネルギーも与えてくれますし、澄んだ気持ちになるというエネルギーも与えてもらえる。
そうして爽やか感じになれるという様な性質を保ち合せているのです。
そういったエネルギーを与えて受け取る自然の力って人工では絶対に出来ないので不思議な感じがしますよね。
それでもだからこそエネルギーを頂き、自然の力をチャージして、疲れ切った身体を心身ともに癒して行きたいと思わないでしょうか。
ぜひ風のパワースポットを見つけて行ってみてください。