デザイナーズ銭湯とは

ここ10年ぐらいの東京ではデザイナーズ銭湯が増えていることを知っていますか。
銭湯は知っていてもデザイナーズ銭湯走らない人が多いでしょう。
デザイナーズ銭湯は昔からある銭湯をリニューアルして方に人気の銭湯に生まれ変わらせたものです。
銭湯としての機能だけではなく、サウナや女性のためのミルク風呂、露天ぶろなどを供えています。
また、内部のデザインもデザイナーズと表現されるだけあって、これまでの古くさい銭湯とは全く違います。
外人の観光客や女性の東京旅行で利用する人も増えています。
立地条件がほんのり悪くても、モダンなお風呂に入れば気持ち良い気分となります。
あなたも多分満足出来るでしょう。
具体的にいかなるデザイナーズ銭湯があるでしょうか。
軟水とミルク、ハーブが入ったお風呂は女性に大人気です。
肌に手厚く、心身ともにリフレッシュ出来るのです。
このような銭湯が青山の繁華街にあるのです。
まだまだ汗をかいたら、デザイナーズ銭湯ですっきりとください。
浴槽の壁には富士山ではなくプロジェクトマッピングに映像が現れています。
大浴場につかりながら、映像を鑑賞するのはどうでしょうか。
当然、銭湯は東京だけではありませんが、これまでのような銭湯では経営が成り立たなくなっているのです。
毎日利用するのではなく、疲れた体をリフレッシュするために、もあなたも試してみましょう。
おそらく満足出来るはずです。
デザイナーズ銭湯にも各種コンセプトがあります。

デザイナーズ銭湯の特徴

今、注目を集めているのがデザイナーズ銭湯です。
これまでの下町のイメージを一掃するような、現代にマッチしたデザインがいいのです。
有名デザイナーが作ったわけではありませんが、デザイナーズ銭湯は今の若者や女性が一度は入ってみたいと思うような銭湯になっています。
全体はおしゃれなデザインとなっていますし、場所によってはサウナや露天ぶろなど都会のお風呂とは思えないような作りになっています。
日々の疲れを癒すためにデザイナーズ銭湯を訪れる人もいますし、観光の状況としてお湯につかっている人もいます。
その目的は様々です。
具体的なデザイナーズ銭湯の特徴をいくつか紹介ください。
入ったところはホテルのスパのイメージです。
目黒には光明泉があります。
今井健太郎が手掛けたデザイナーズ銭湯として注目されています。
銭湯の周りはトレンディなショッピングエリアです。
買いもののついでに銭湯でゆったりとした時間を暮すことが出来るのです。
本当は、デザイナーズ銭湯として入れ替わるまでは銭湯としての営業を停止していました。
一般の知人は現れることがなくなっていたのです。
そしたら別の銭湯では注目の露天風呂があります。
お湯につかりながら空を見るのはいとも贅沢なことです。
東京の空をこのような気分で見渡せることは少ないのではないでしょうか。
かなりのぜいたくな気分です。
男湯と女湯が週代わりとなっていますから、入浴しようとおもう時折事前に書くにしておくことを忘れないようにください。

関東でのデザイナーズ銭湯

関東では昔ながらの銭湯がたくさんあります。
ただ、昔のままの銭湯であれば多くのお客を呼ぶことはむずかしいのです。
そこで真新しい試みとしてデザイナーズ銭湯が注目されるようになりました。
現代によみがえった銭湯です。
デザイナーズ銭湯という名称が醸し出すように、デザイン的に優れてあり、輩が喜びそうな雰囲気を醸し出しているのです。
最近は外人の旅行者もデザイナーズ銭湯で入浴することがあるそうです。
汗をかいた後の銭湯の気持ちよさを存分に味わいたいものです。
どんなデザイナーズ銭湯があるのでしょうか。
料金は460円と500円にも満たないのですが、雰囲気は非常に豪華です。
池尻にある文化浴泉は昭和3年から営業しています。
当然、当時は普通の銭湯でした。
それが2011年にリニューアルしてデザイナーズ銭湯となったのです。
テレビドラマの舞台としても使用された老舗です。
最新式のnano湯はナノバブル粒子が塞がり、ダイエットや動脈硬化の抑制が期待できると注目されています。
その他に生薬の湯もあります。
正しく輩のためのデザイナーズ銭湯です。
練馬区の久松湯は地下1500mからくみ上げる天然温泉です。良質なナトリウムの源泉でいわばすばらしい湯そのものです。
コンセプトは光と風、雑木林の中の銭湯です。
これまでの公衆浴場には見られなかった、斬新なデザインと建ものの構成が多くの人の人気を集めています。
男湯と女湯を示す暖簾はマークが斬新です。
建もの全体は清潔感あふれるつくりとなっていますから、初めての人も安心です。