カップルにオススメの宿屋

宿泊施設というと、旅館、ホテル、民宿、ペンションなどがあります。
その違いは何、と疑問になったこともあると思いますが、これらの名称をつける設定はとりわけ制限がなく、経営者が判断して付けられることになっています。
そのため、規模の大きさ、経営の形態、洋式か和式かなど、別に決まりはないので自由に名乗って望ましいということです。
このことから、「○○ホテル」という名称であっても、和風旅館の雰囲気の宿泊施設であることもあるのです。
宿泊施設はさまざまありますが、カップルでの温泉旅行でオススメなのが、温泉ホテルや旅館、ペンションでしょう。
では、宿泊施設の中で「ホテル」と名称にある施設の特徴を紹介します。
「ホテル」は、構造や設備などが主に洋式の宿泊施設です。
食事は、館内のレストランや外食で取り去るのが基本として、朝食は多くのホテルでバッフェになっています。
また、ホテルの場合、浴衣や部屋着では外出がNGになっていることが多いです。
「仕事ホテル」は、立地が素晴らしく、泊まることを一番の目的としているホテルで、仕事や出張などで利用することが多いです。
客室は小さく小型な宿泊施設なので、低い料金で利用できます。
カップルでは利用することが少ないですが、関東などの仕事ホテルには、おしゃれな雰囲気のものもあります。
「シティホテル」は、関東などの市街地や繁華街にあり、客室のほかに、レストランやバー、喫茶店、ジム、さまざまなテナントが多く入っていることが特徴です。
客室は大きく料金は高めに設定されていますが、サービスが充実しているので、記念日や特別な日などに利用するカップルも多いです。
「リゾートホテル」「温泉ホテル」「観光ホテル」は、温泉地や観光地に多くあります。
洋室や和室、和洋室があったり、大浴場があったりして、旅館との区別はあいまいになっています。
家族連れや団体のお客様の利用を想定したサービスが充実していますが、カップルでも利用し易くなっています。

「旅館」の種類

カップルで関東の温泉旅行に行くのなら、なるたけ2人だけの時間を楽しめて、雰囲気の良いホテルに泊まりたいですよね。
素敵な温泉旅行にするためには、ホテルを予約する前に、関東に如何なる施設があるのかよく知っていないといけません。
まずは、カップルでの温泉旅行を成功させるために、「旅館」について紹介します。
「旅館」は、構造や設備などが主に和式に揃えられているホテルです。
食事は、客室で召し上がる「部屋食」や個室の食事処や広間、宴会場などで用意されることが基本的です。
旅館は、館内で用意された浴衣や部屋着で外出してもOKのことが多いです。
「温泉旅館」は、カップルのデートに最もお勧め望むホテルです。
温泉地に立地しており、旅館内には天然温泉を楽しめたり、貸し切りのお風呂を利用できたりします。
温泉やお風呂を重視してあり、それぞれの部屋で仲居さんが接客を担当しています。
「観光旅館」もカップルにお勧めのホテルです。
団体客も多いということで、カラオケ施設やクラブなどのアミューズメント施設が充実していることが多いです。
「温泉旅館」や「観光ホテル」と区別があいまいになっています。
「料理旅館」や「割烹旅館」は、料理を重視した旅館です。
おいしく質の高い料理を食べたいカップルにはお勧めです。
館内の設備や構造、サービスなどは、普通の旅館と全く貫くことが多いです。
その他にも、自宅兼で個人が経営している「ペンション」や「民宿」などもあります。
ペンションは主に洋風で、民宿は和風テイストのところが多いです。
ともリーズナブルですが、料理が全然豪華ですし、アットホームな雰囲気を楽しむことができます。

旅館の客室

はじめてカップルで関東に温泉旅行する方のために、宿泊する施設のお部屋の種類について紹介します。
せっかくのお泊まりデートでガッカリ打ち切るために、よく確認してから予約しましょう。
ホテルや旅館のお部屋は、一般的な客室から、豪華な特別室、露天風呂付きの客室、離れなど、さまざまな種類があります。
カップルでの旅行で何を楽しみたいかを考え、予算内で理想的な条件を出来るだけ満たせるようにお部屋のタイプを選ぶと良いでしょう。
「一般客室」は、旅館でよく使われてあり、そのホテルでスタンダードな客室を表します。
それよりも高級なお部屋は、「特別室」と呼ばれます。
「露天風呂付き客室」は、客室に貸し切りの露天風呂が付いているお部屋で、露天風呂はそこに宿泊する方たちが自由に使うことができます。
自分たちだけの時間を存分に遊べるので、カップルの温泉旅行で最もおすすめしよお部屋です。
関東近郊にも、露天風呂付き客室のある旅館はたくさんあるので、自分たちに合ったところを探してください。
「離れ」は、予算があるのならカップルにおすすめしよお部屋です。
一般の客室などのある建物とは別の建もので、その建ものそのものがそこに宿泊するお客様の客室になるので、特別な感じと自分たちだけの静かな時間を楽しむことができます。
一般客室より大きく開放的で、高級感も漂うお部屋で、料金はかなり高めになります。
「メゾネットタイプ」は、客室に内階段があって、1階と2階を移動出来る2階層からなったお部屋です。
「ロフト」との違いは、2階も通常の天井の高さがあり、2階はベッドルームになっていることが多いです。
「ホテル」で主に選べる客室の種類には、一般的な客室が「スタンダード」、シングルベッドやセミダブルのベッドが1台あるのが「シングルルーム」、ダブルベッドやクイーンサイズなど大きめのベッドが1台ある2人用の客室が「ダブル」「クイーン」、シングルベッドが2台分かれて置かれている2人用の客室は「ツイン」、3台のベッドが分かれて置かれている
3人用の客室が「トリプル」になります。
また、部屋の面積がスタンダードよりも大きく、大きめのベッドやソファが設置されている客室は「エグゼクティブ」や「デラックス」「スーペリア」と言い、料金が少し高めになります。
トイレやトイレ、バスルームなどがそれぞれ仕切られていることが多いです。
二度と、一般的なお部屋はベッドルームだけですが、リビングなどの独立した部屋がほかにもあり、トイレやバスルームなども通常より大きい客室には、「スイート」「ジュニアスイート」「ロイヤルスイート」があります。