温泉旅行の乗り物

カップルでの温泉旅行で、旅行の日時やサービス、温泉宿が決まったら、目的地までのルートや交通手段、保ちものなどの確認と準備をしっかり行いましょう。
カップルの温泉旅行でおすすめなのが、自家用車で行ったりレンタカーを借りたりして、2人の時間を楽しむのが良いのでしょう。
でも、運転をきちんとしたくない方や、2人でゆっくりお酒を呑みながら旅をしたい、というカップルの場合は、公共乗り物で行くことになるでしょう。
自家用車やバイクなら、時間を気にせずに、自分たちが寄りたい場所に行ったり、急に予定変更をしたりできるので、行きたい場所に自由に出向くことができます。
「レンタカー」は、免許は所持しているけれど車がない、というカップルにおすすめです。
最近では、営業所へ直接行かなくても、電話やインターネットで予約することができるので、気軽に利用することができます。
「公共の乗り物」は、関東などから旅行に行く人や学生に数多く、電車やバスなどで旅行を通じているカップルも多いです。
この場合、最寄り駅の場所や宿の送迎車の有無などを調べておくと、スムーズに旅をすることができます。
「カーフェリー」は、車と共に海上移動をすることができます。
渋滞の多いところやハイスピード、山道などの回避にもなるので、乗員が休憩したり気分転換したりする時間にもなります。
また、日常とは違う特別感を喜べるので、カップルの旅行サービスにはおすすめです。
関東近郊からカーフェリーを利用するには、「東京湾フェリー」、「駿河湾フェリー」「伊勢湾フェリー」があります。

関東にある日本を代表する温泉地

関東や東海、甲信越地方には、カップルの温泉旅行におすすめの温泉地が数多くあります。
まずは、カップルで出向く温泉旅行とか、たくさんの旅行者に人気の良い関東の温泉地や、全国的にも名の知れた温泉地を紹介します。
群馬県の「伊香保温泉」は、360段の石段の街が代名詞になってあり、その石段の両側に、ホテルや土産もの店が立ち並んでいるのが特徴です。
温泉が発見されたのは1900年前と考えられており、古臭い歴史のある温泉地で、懐かしい時代の温泉情緒が漂っています。
「草津温泉」は、日本一の湧出量の自噴泉で、源泉が100ヶ所以上を誇ります。
泉質が日本有数の酸性度で、殺菌力も強力ということで、“万病に効く”とも伝えられています。
温泉街の中心には、草津温泉のシンボルとなっている「湯畑」や、広さ500平方メートルもある大露天風呂の「西の河原露天風呂」なども有名です。
温泉街の雰囲気を力一杯喜べる町並みと、外周の地域にはおしゃれなカフェやモダンな造りの宿なども点在しています。
伊香保温泉と並んで、群馬県だけでなく日本で有名な温泉地の1つです。
「水上温泉郷」は、利根川源流の町として有名な“みなかみ町”の水上地区を中心とした、「水上温泉」「宝川温泉」「湯の小屋温泉」「谷川温泉」など8つの温泉の総称です。
それぞれの温泉から、美しい山々や渓谷を見晴らすことができ、冬には、雪景色を眺めながら暖かいお湯に浸かる“雪見温泉”を楽しむことができます。
伊香保温泉や草津温泉と並んで、群馬県を代表する有名な温泉地です。

関東の温泉地

カップルの温泉旅行でオススメの関東にある温泉地を紹介します。
栃木県にある「那須塩原温泉郷」は、標高1900mの「那須岳」の山麓にあって、7つの個性的な温泉がある「那須温泉郷」と、泉質が川の清流に沿って違う温泉が11ヶ所ある「那須温泉郷」があります。
温泉療法を行っていた場所“湯治場”の雰囲気がある場所や、リゾート気分を堪能できる場所、「日光東照宮」などの観光名所もあり、豊かな自然の中で訪れた人々を癒してくれるので、カップルにはオススメの温泉地です。
「鬼怒川温泉」は、温泉や渓谷、「東武ワールドスクウェア」などのテーマパーク、文化史跡・遺跡など、さまざまな楽しみ方が出来るので、カップルあご家族、お仲間など、大きい年齢層から人気のある北関東を代表する大型温泉地です。
昔から、やけどに効果ののぼる湯治場として有名で、柔らかく心地の良いお湯が疲れや痛みを癒してくれます。
神奈川県の「箱根温泉」は、大自然に囲まれた場所にあり、情緒あふれる20の温泉が集まっています。
ロープウェイや美術館などの味わえる観光スポットも数多くあり、芦ノ湖や美しい山々、滝などの美景も待ち望むことができます。
また、関東からは電車や車でのアクセスが良いので、日戻り温泉としても気軽に楽しむことができます。
年間の観光客は約2000万人と、日本屈指の温泉観光地となっています。