バリで泊まるなら


観光名所のバリ島。
この地域は、沢山の島で成り立つ地帯です。
そうしてバリは複数のエリアにわかれることになります。
ヌサドゥアエリア、タンジュンブノアエリア、ジンバランエリア、ウルワツエリア、クタ・レギャンエリア、スミニャック・クロボカンエリア、サヌールエリア、ウブドエリアのエリアに分かれ観光地、宿泊地が大まかに分かれています。
このエリアを参考に考えていくと、旅行の計画を立てやすくなります。
泊まる場所を一気に探しても、自分が行きたい場所から凄く離れていては、不便でなりません。
そんな侘しい旅行にならないように、しっかりとした計画が必要になります。
地理的勉強や観光場所、宿屋の位置を調べておきましょう。
この地域すべてを観光できるほどの時間とお金を費やせるような旅行を計画される方は、そうはいないと思いますので、一般的な旅行に適した段取りと、ポイントを絞っていきます。
移動しやすくなんでもそろっている場所は魅力的ですね。
そういった2エリアに叱る。
バリを代表するヌサドゥアエリアとタンジュンブノアエリアです。
リゾートで有名なこのエリアでなら、なんでもできます。
バリといえばこのエリア。
バリでやってみたいことは、すべて適うといっても良いくらいで、観光、ビーチ、ショッピング、高級ホテル、品ぞろえ豊富な食事までそろいます。
特に短期間の旅行を予定されていられる方は絶対におすすめのエリアです。

タナロット寺院へ行こう


幻想の地バリは無数のスポットに恵まれた地としてしられています。
その中けれどもタナロット寺院は素晴らしい寺院で有名です。
別名ロック・テンプルといいます。
ここは、名称タナロットとは、タナが大地、ロットが海を示しています。
海沿いの岩の上にあるため、幻想的美しい寺院となっています。
昼間での夕方の夕日の時間それでもとも素晴らしい景色です。
海が干潮になると周りの岩場がむき出しになるため、不思議な風景に息をのみます。
寺院までは、干潮時折歩いて出向くことも可能です。
そうして満潮時には、海に浮かぶ寺院と変化します。
このような風景から、神が降臨する場所としています。
バリには、他に沢山の寺院がありますが、その中それでも殊更きらめくタナロット寺院は魅力満載といえます。
今回のタナロット寺院には、楽しみ方がまだあります。
ここの寺院に到着までの道のりの楽しみ方です。
バリ中心部から寺院に行くまでの間には、多数のお店がならんでいます。
バリ住民の特徴的なおもてなしもあり、バリに来ているんだと実感が湧きます。
住民の衣装を見学することから、華麗な服装を楽しめます。
タイミングが合えばパレードに出会うこともできます。
このようなイベントの情報も仕入れて旅行に出かけると、なお良い旅になります。
今回のタナロット寺院の情報は、あくまで一部にすぎません、まだまだ沢山の楽しみ方もあれば、情報も未だにあります。
無限の楽しみが出来るこの地にぜひ行かれて下さい。

バリのおすすめホテル


今回はインドネシアのバリ島の紹介です。
バリに出かけませんか?日本では体験や見学のできないものがバリには沢山あります。
そういった夢の島バリに行き、終始外出していては案の定疲れてしまいます。
では宿泊施設で体力を回復し、ホテルを満喫するのも旅行の醍醐味です。
では、バリではどういうホテルを探しますか?そんなお困りの方にご紹介します。
イタリアの超有名ブランドブルガリがバリにオープンした、ブルガリリゾートバリの紹介です。
ここは、芸能人が挙式したほどの人気で有名一流ホテルです。
誠に、宿泊者専用のプライベートビーチがあります。
普通なコメントで申し訳ありませんが、とても綺麗です。
念を押してさらに言いますが、抜群に綺麗です。
観光に行かずにホテルから出たくないようになってしまいます。
もう一つは、ヒルトングループの最高級ブランド、コンラッドバリの紹介です。
ここも超一流ブランドということで、スタイリッシュかつモダンな雰囲気もあわせもつ、一流ホテルです。
ここからなら何でも見えてしまうのではないかと言うほどの、敷地面積が幅広いです。
必ず広すぎます。
ホテルの目の前が海、ロビーからも海が見えてしまいます。
どれだけ海が感じるのでしょうか。
その広さからはからずも気持ちも大きくなってしまいます。
大きく落ち着きのある飾りつけ過ぎない大人な空間をぜひご体験下さい。
超豪華一流ホテル、あんなホテルに一生に一度は泊まってみたくなりますね。

クタビーチ


人気スポット、バリのクタビーチを紹介いたします。
世界中から愛されているクタビーチは、観光開発が進みどうしてもきれいに整備されたビーチです。
このクタビーチのクタ地区を僅か覚えましょう。
がんらいちっちゃな漁の村でした、このクタの最初の特徴として、波がかなりでかいことで知られました。
その波はサーファーから目を付けられ、間もなく大勢のサーファーが来るようになりました。
波だけでなくここからの景色は絶景です。
こんなクタが感情を切り回し波乗りだけでなく、観光客までをも張るようになりました。
すると観光地として整備が入らないわけないですね。
ここから、クタ地区の開発はどんどん進み大勢の観光客を結わえるまでに成長しました。
海外からの観光客はグングン増えて赴き、ようやくクタの観光地とビーチの間は渋滞が起きるほどの人気となります。
モールも目立ちだしレストランやホテルがどんどんと増えます。
そうして現在も止まるちょいおかしいお土産屋さんも沢山あります。
バリ土産はどうしてもユニークなものが沢山あります。
中それでも、クタビーチ周辺のお店では、日本人ウケする商品が多いことも知られています。
ぜひ行ってみたい場所です。
締めは何しろ、サンセットでしょう。
ここクタビーチからも日が沈む綺麗な景色が見られます。
これを見ないとバリへ来た感じにはなれません。
どうしてもサンセットは見ておきましょう。
これ程素敵なクタビーチへ、一度は楽しみに行かないといけませんね。

ホテル選びのコツ


バリ島のホテル選びでのご案内です。
今回は、このバリ島ならではのホテル選びのコツを紹介します。
ここバリには、すさまじいほどの数のホテルがあります。
コツは、どんなことが出来るホテルなのか、ビーチは間近いか、自然がある地域なのか、ショッピング店は間近いのか、などやりたいことがそのホテルの付近で出来るのかが重要と考えます。
せっかくの海外です、何もかも近くにあっていつでもちっとも時間で目的地につければ無駄な時間が速くすむことで、遊べる時間は上がることにつながります。
効率の良い方法をとらなければ時間がもったいないですね。
バリ島とは、6つのエリアに別れます。
これが最重要ポイントです。
この宿泊エリアでホテルと観光場所が仕上がるようなものです。
いきたい場所があるなら、こんは押さえておきましょう。
ほんとに、クタ.レギャン地域ですが、繁華街の多い地域です。
もうの効率の良い場所です。
スミニック.クロボカンはお洒落で落ち着いた大人の雰囲気です。
ショップやカフェも手広く大人な遊びが出来る地域です。
ウブドは、山中心のスポットになります。
自然に会いに来た方は良いでしょう。
ジンバランは、空港がほど近いことから、高級思考のホテルが並びます。
ヌサドゥア.タンジュンブノアは、5つ星ホテルが並ぶ高級リゾートです。
最後にサヌールです。
海岸が多く、ビーチメインでこられる方に人気です。
この6エリアを知っておくと参考になりそうですね。