バリのビーチ情報


大人気バリの素晴らしいビーチの紹介です。
旅行前には必ずや目的があります。
それがビーチの方が参考にして頂けると幸いです。
この国がビーチの国といってもいいでしょう。
有名なクタビーチは誰もが知るビーチです。
バリのビーチといえばここクタビーチ。
ホテルからほど近い、ショッピング街からもくらい、レストランまで間近いと、何をするにも大変便利な場所にあるビーチです。
このビーチならではの名もの、サンセットは世界的有名な光景です。
インド洋に沈んで行く夕日は美しすぎる光景です。
ロマンチックすぎます。
写真に収めることができたら、一生ものです。
次は、長く愛され続けてきたサヌールビーチの紹介です。
ここは、バリでは特別な場所でバリ人気を引っ張ってきたようなビーチです。
バリでは観光開発が最初に行われた地域のため、観光客も大勢訪れた場所です。
その長期に渡り愛された為か、観光新名所と言うよりも現在では、思い出深いビーチ静かな抑えるビーチとして年配の方がよく巡る懐かしのビーチとなっています。
ですが、可愛い子供との海水浴には最適です。
遠浅になっているため、果てしなく安全なビーチです。
コツですが、ういういしい方で力一杯はしゃぎたい方には向いていないビーチです。
静かな時間をもとめてこられる方がいらっしゃるので、元気にはしゃぎたい方は控えた方が良さそうなビーチです。
観光ルールやマナーは守りましょう。
大人ならしっかり守りバリを楽しみましょう。

バリ島の魅力


日本からの観光で、絶頂の大きい観光地バリは、魅力の詰まった島です。
この島の魅力を存分にご説明いたします。
エースから案内しますと、世界遺産は有名ですね、殊更ジャティルイのライステラスやタマンアユン寺院が観光名所として人気です。
海外の遺産勉強として、学ぶことを目的に行ってみるのもいいかもしれません。
無論この2か所とも世界遺産に登録されているので、人が集まるのも当然です。
次に癒しを勧めにでかけましょう。
パワースポットの紹介をします。
パワースポットは、そこの雰囲気や空気その場所だからこそ存在する気を、体にとり入れ大変元気に健康に生まれ変われる不思議なパワーです。
ティルタエンプルやゴアガジャ洞窟、ランプヤン寺院が人気です。
他にもたくさんのスポットがあります。
各スポットでこの不思議なパワーは若干の違いがあります。
とりいれてはいけないパワーはないのですが、その場その場の力の違いはあるようです。
その他、文化を学ぶ場所としても伝統文化が見られます。
レゴンダンス、ケチャックダンス、バロンダンス。
ここバリが宗教文化として生み出した華麗な舞です。
バリ舞踊として知られています。
バリは、このような独特なリズムのダンスが盛んな場所です。
最後にロマンチックな場所の紹介です。
ナイトスポットです。
スンダラやロックバーなど有名観光地として知られています。
人気が高いのが美しくわかりますね。
これだけの観光が出来るなら行かないわけにはいきません。

バリの人気


日本人が大スキなバリはなんでこれ程人気があるのでしょうか。
がんらい人気のあったこの島は、日本では体験経験のできないことが、叶う島だからです。
ビーチや食事の美味しさも人気の理由でしたが、もう一度火付けやくとなったのが、パワースポットです。
これは日本ではやりましたね。
お寺や森林はもちろん日本にもありますが、バリには、強力スポットが多数あります。
これが近年最大の魅力の秘密でしょう。
パワースポットから神の住む島の印象が強くなり、神様に会いに出向く感覚としてだしました。
他にはビーチリゾートは長くに渡り人気です。
ですが、このビーチリゾートには他の国にも名所が沢山あります。
ライバルが多いのです。
とりわけハワイやグァムは強力ライバルといえます。
日本から観光地ハワイ、グァム、バリに行く場合に旅費が一番数多く要るのは、本当はバリなのです。
旅費だけでなく、リゾートを楽しむためにかかる費用も、他の観光地との価格競争に負けてしまっている現状です。
近年の現状ではリゾート競争には一歩遅れてしまっています。
おんなじ楽しさなら、当然価格が短い方に人は流れていきます。
他のリゾートと比べると人気は下がっているようですね。
どのくらいの違いがいるのか興味のある方は、旅行会社で比べて下さい。
結論から言うと残念ですが、バリ人気は下がっています。
確実に日本人観光客は減っています。
新サービス作りを旅行会社も練り上げるのでしょうか。