おススメ!九州の温泉宿~奄美山半島ホテル③~


またリクライニングチェアーも完備されており、旅行気分を盛り上げてくれること間違い無しの空間を提供して貰えるよ。
他にも、疲れを癒してほしいとの事から、ベッドにはシモンズベッドを採用しているそうで、だいぶ寝心地が良いと好評です。
山手側と名瀬新港側とに部屋があります。
一番多いのが、名瀬新港側の客室で、フェリーの出入りの様子を探る事ができたり、夜には名瀬市街地の夜景を見分ける事ができます。
山手側の方は、広めのデラックスダブル等がある部屋で、山手側といっても海を観る事はできます。
ですが、景色を優先するとすれば港側がおススメです。
夕日が沈んで出向く時間はとても言葉では言い表せないほどの美しさ。
段々と空の色が変わっていく自然のもたらす荘厳さを体感して下さい。
●接客●
スタッフの方の対応も気持ちよく、雰囲気がきめ細かいので声を掛け易いです。
何か困りごとなどが発生した場合けれども、気兼ねなく相談出来る方たちで、”お客様の役に立ちたい”という気持ちがあふれているスタッフが多いです。
市街地に行きたい場合には、距離が離れているので車での移動が基本で(車の所要時間は5分ほどです)不便と感じる方もいらっしゃるようですが、せっかくの大自然のある奄美大島にあるホテルです。
喧騒を忘れて、海水池のある庭を散策したり、最上階の大浴場で星空をみながらのほほんと旅の疲れを癒してみては如何でしょうか。
住所:鹿児島県奄美市名瀬大熊字鳩1382-1
TEL:0997-54-5111

おススメ!九州の温泉宿~草太郎庵③~


またそばつゆも、優しいそばの時と白々しいそばの時では使い分けています。
あわせだしで使っているだしの比率を入れ換えるなど、どんなにおししく食べてなくなるかを考え抜かれた、本格的なそばなのです。
持ち帰りたいというほどに、食べた人の感想は「美味しい!」と舌鼓をうつ一品です。
●客室●
部屋の広さは断じて幅広いとはいえず、隣の客室の音が分かる場合もあり、望ましいとはいえないと感じる方もいますが、ゆっくりと話すには完全清潔感があるので、かえって居心地が良いといえる広さです。
窓を開ければ自然の景観を楽しみながら悠然とやり過ごす事ができます。
●接客●
スタッフの感じもよく、心遣いがあちらこちらで見える事のできる旅館で、気持ちよく滞在することができます。
それは、草太郎庵についたところから見る事ができ、たとえば車で宿泊した際には、車についているナンバープレートの県名を瞬時に把握して宿泊者を迎えてくれたりと、こちらが訴える前から迎えようとする気持ちが伝わって来る。
また雨の日には、パーキングまで傘を以て出迎えにきてくれたりと、ユニット上げればキリがないくらいに、細やかな対応を受ける事ができます。
気さくで話しやすい雰囲気というのも頼もしい部分。
それでいて、スタッフと客としての立場をわきまえているので、程よい開きを維持している接客力の高さは申し分ありません。
住所:熊本県阿蘇郡南小国町小田温泉
TEL:0967‐44-0108

おススメ!九州の温泉宿~奄美山半島ホテル②~


それにより、イオンが気化してサウナ内に適温と感じる温度で噴射されます。容易い温度なので身体への負担も小さく、気持ちよいと感じるくらいに全身にマイナスイオンを浴びる事ができます。
このミストサウナの喜ばしい効果が、肌がすべすべになる美容効果が高いについて。
肌にハリが出て、若返ったかのように艶やかな肌へともたらしてくれる。
当然癒しの効果もあるので、精神増強であったり、不老長寿の作用も期待できます。
またサウナという事で、新陳代謝が高まり、老廃ものや毒素が外へと排出されるという働きもあるので、身体が軽くなる心地を実感し、リフレッシュもできます。
そうして、この大浴場には軽食コーナーが設置されているので、軽々しく食事や呑みものをおんなじフロアで売る事ができるという美味しい空間が。
温泉の余韻に浸りながら、椅子に座ってのんびり過ごせますよ。
●食事●
白とブルーで統一された、マリンスタイルを感じさせるさわやか空間で食事ができます。当然大きな窓から港も見極める事ができるので、食事も会話も弾む事でしょう。
メニューは島の新鮮な食材によって、洋食を中心とした料理が並びます。
季節の旬を吸い込みながら、アレンジされた料理はどれも美味しいと評判です。
一際朝食で出される、奄美の郷土料理の一つである『鶏飯』も頂くことができるバッフェ。沢山の種類の料理が並び、どれにしようかと苦しむほどです。
●客室●
洋室が41室、和洋室が4室の全45室からなっています。
全室が、名瀬湾を見分ける事ができるオーシャンビューのバルコニーがついてあり、つかの間日々の忙しさを忘れさせて得る景観を堪能する事ができるでしょう。

おススメ!九州の温泉宿~草太郎庵②~


摂る人の進み具合によって出してくれるという心遣いもあり、最初から最後まで至れり尽くせりな時間を過ごせる事でしょう。
また、夕食もさることながら、朝食もとても豪華。様々な食材によっているので、朝から華やかな料理を見ることができますよ。
全体的にからだにきめ細かい健康的な料理を数々頂くことができます。
その別が料理人情がこもっている品で、料理自体以外にも細かい部分まで気配りがされています。
たとえば、鮎の塩焼きを現す時折、とり皿として用意されているお皿があるのですが、魚が冷たくならないようにと、温かくした状態で用意されていたり、あか牛や鶏肉の石焼を提供する際には食中毒防止のために、焼き肉店などように生肉専用の箸が用意してあったりと、別、宿泊するお客様が気持ちよく送れるようにと、自分たちが出来る事を可能な限りしていこう・提供しようとする心意気を感じる事ができます。
そうして〆めとして現れる、熟練の職人が打っている本格的なそばも行う事ができ、全く人気があります。
こちらは、お腹が満杯の状態でもさらっと食べられるくらいに美味しいので、泊まられた際にはぜひ食べてほしい一品です。
なぜかというと、大いにこだわっているそばを食らう事ができるからです。
暖かいそばと、刺々しいそばでは、麺の太さを変えているというこだわりよう。
これは、暖かいそばも伸びにくく、最後までおししく食べられるようにと、”つなぎ”と”太さ”を変えているのです。