母の日と花

母の日はプレゼントをするお天道様と決まっているわけではありません。
商業主義の台頭により、USAで始まった母の日がおのずとお母様にプレゼントをささげるお天道様となったのです。
従って、母の日にプレゼントをしなくても至極問題ありません。
重要なのはお母様に感謝の気持ちを触ることです。
花としてはカーネーションが一番普通ですが、この時期になると金額が上昇します。
多くの人が買い求めているからでしょう。
当然、カーネーション以外の花を贈ってもかまいません。
要するに気持ちですからです。
四六時中マミーと顔を合わせているお客様もいるでしょうし、遠くで暮らしている場合もあるでしょう。
それぞれの場所で気持ちを告げる施術を考えればいいのです。
現代は電話という便利な道具があります。
いつでもちょっとチャンスを作れば話せるのです。
それなのにプレゼントをしなければならないような人前の風潮になってしまっている。
このことを憂えている人も少なくないでしょう。
さて、母の日にお父さんはどうするでしょうか。
妻を温泉にそれでも連れて行こうと計画しているかもしれません。
それなら、妻を温泉に連れていくアシストを通じてはどうでしょうか。
へそくりを旅行券としてプレゼント決める。
細い点は夫婦で話し合えばいいでしょう。
当然、母の日の日曜日に本当に行かなければならないわけではありません。
自分たちの都合でいいのです。
母の日は電話だけで、1年に1度、そんなプレゼントをするほうが喜ばれるかもしれません。