新幹線に格安で跨る方法(往復割引)


今回の新幹線に格安で乗ずる方法は、とくにやり方もののもの物珍しいものではなく、極めて一般的なものです。
ですが、とにかく割引率がおっきいので、格安で新幹線に乗っかる方法に付け加える価値は十分にあると思います。
その方法とは、JRで601km以上乗車する場合のみ、当たる方法なのですが、新幹線のチケットを購入するときに、往路と復路を別々に購入するのではなく、出来るだけ両方一度に購入するのです。
帰りの予定まで決まっている場合には、普通はそうしていると思いますが・・・。
本当は、601km以上という長距離の場合、往路と復路を共に購入することによって、相当な割引がなされているのです。
一般には、「往復割引」と呼ばれています。
窓口の係員によっては、往復割引がなされていて○○円となります・・・などと一言付け加えてもらえるかたもいらっしゃいますが、何も言ってくれない場合には、購入者のかたは気が付かないかもしれませんね。
往復分を一緒に購入することで、自動的に往復割引がなされているということを覚えておいてください。
ですから、長距離であればあるほど格安で新幹線に乗車出来るということに間違いはないですね。
注目定めるは、往路も復路も両方とも運賃の一割ずつ割引に罹るという点でしょう。
これは、それほどおっきい割引で、距離によっては、チケットショップで購入したほうが、高くなってしまう場合すらあります。
どこにお出かけする場合でも、チケットショップが少ないという思い込みは、もう一度外した方が良いでしょう。