二条城の歴史的意義

歴史的な建造ものを見ると、これまでの日本がどのように歩んできたかがわかります。
その代表的なお城が二条城です。
現在の二条城は京都にありますが、これまでの歴史の中で消えて言う二条城は他にもあります。
ただ、二条城と叫ぶ時は京都に現存している二条城のことを指していると考えて間違いないでしょう。
さて、その二条城の歴史的意義について考えてみましょう。
取り敢えず、二条城は幕府が京都に住む時の場所として作られました。
他国から攻め込まれないようにするために、ある程度の強固な城にしなければなりませんでした。
天守閣もしっかりと作られています。
京都に住むことの意味は朝廷との対面をすることです。
つまり、日本の歴史は幕府と朝廷の二つの重要な団体の歴史でもあるのです。
歴史の中で消えて言う二条城は幕府が倒せる時に焼き打ちや破壊によってなくなりました。
一気に、その時の頂点にいた人ものも殺されています。
朝廷を敬うために、京都近郊に宿所を作ることが必須と考えられてきましたから、二条城は幕府にとって権力の象徴と呼べるのです。
住む場所ところが、ずっと敵に備えて警戒をしなければならなかった時代です。
建築については最新の注意を払ったことでしょう。
その時代毎に、幕府の考え方が二条城の配置にきつく反映されています。
つまり、二条城の歴史は日本の権力争いの歴史とも当てはまるのです。
現代においては、国宝、重要文化財、世界遺産として大切に保存されています。