二条城をいく

二条城の見所をチェックしてから、本当に観光することをおすすめします。
二条城の歴史を分かり、その上で障壁画や庭園などを見ることで、ますます観光が充実したものになるからです。
京都近郊に住んでいる人なら何度も二条城を見極める機会はあるでしょう。
但し、遠くに住んでいて1回しか見ない人も多いのです。
そこで、おすすめの見所をいくつか紹介ください。
では桜の時期のライトアップです。
3月後半から、4月にかけてライトアップされています。
時間は18時から21時までです。
御殿の中に混ざることはできませんが、庭園内のライトアップされた桜と御殿を見てください。
料金は一般400円ですから、気軽に見学できます。
もちろん、日中も桜を見分けることができます。
それから二条城の歴史については多くのサイトで紹介されています。
徳川時代に大きな役割を果たした場所ですからです。
日本史に興味がある人にしてみれば常識と呼べるのかもしれません。
京都観光それではお寺などが多いのですが、どこも見所満載です。
1日だけでは転じ切れないでしょう。
修学旅行などで京都に出向くパターンもありますが、できることなら中高年になってからの観光をおすすめします。
日本の歴史のことを延々とわかってくる年代だからです。
江戸幕府の誕生から崩壊までを見てきた二条城です。
現在は国宝、重要文化財、世界遺産として大切に保存されています。
通常は見ることができない部分も時期によって一般公開されていることがあります。
イベント情報などもチェックしておきましょう。