足利義輝の二条城

室町幕府の13代将軍である足利義輝が京都に建てた二条城が初めての二条城と言われています。
現在は石碑としてわずかに残っているだけですが、当時の幕府の中心として二条城を作りました。
残念ながら、城の工事中に攻め込まれ命を減らすことになりました。
その後は貫く将軍たちが二条城を作りましたが、同じように敵に攻め込まれて破棄されてきたのです。
でも、将軍たちが二条城を作ったことから、時代毎の役割は重要であったと考えるべきです。
ただ、形は変わっても幕府の重要な場所という二条城の役割は変わっていません。
もちろん、敵もその重要性をわかっていましたから、二条城を攻めることは天下を採り入れることと考えていたのです。
足利義輝がいかなる人ものであったのかは歴史書から紐解くしかありませんが、多くのデータがあるわけではありません。
足利義輝の没後、足利義昭や織田信長、豊臣秀吉が二条城を建造しました。
それぞれの思惑があったのでしょう。
歴史の中で重要な役割をいったいきたのですが、過去の二条城に関する情報はあんまり多くありませんから、推測にすぎない部分もあります。
現代の二条城は国宝や文化遺産として、大事に保存されて行くことになります。
京都市では観光名所として二条城を公開することによって、改築費用を積み立てることを考えています。
日本の歴史の中での二条城の役割を理解しているなら、募金活動に協力してはどうでしょうか。
過去の遺ものを維持していくことはかなりの費用がかかりますから、次世代にしっかりと残していくための資金となるのです。