旭山動物園の特徴

国内でも有数の人気動もの園となっている旭山動もの園ですが、その一番の特徴は前もって「行動展示」です。
行動展示というのは展示方法のひとつで、普通の展示とは少し違う特徴を持っています。
通常、動もの園の展示は「形態展示」というタイプのもので、動ものの姿を探ることが前提となっている展示方法です。
多くの動もの園で言えるように、キリンやゾウなどを柵の中に入れ、柵の外から在るようにしているという形にしています。
そうして、時間がきたら小屋に引き戻す、という感じです。
でも、行動展示は違います。
行動展示は動ものの姿でなく、動ものの生活や行動を観察することを主題にしている展示方法です。
わかりやすい例でいうと、ペンギンのプールの中に水中トンネルを設置して、その中をすすむペンギンが在るようにしている、といった感じです。
その他の動ものもそうですが、自然の中で生活している環境に出来るだけほど近い形で動ものを放し飼いにし、それを観察出来るようにしているのが行動展示という展示方法なのです。
食事をする姿なども「モグモグタイム」という名前で展示しているので、普段その動ものがいかなる生活をして、自然の中でいかなる生き方をしているのかということがよく聞こえるようになっています。
この「行動展示」が、旭山動もの園の一番の特徴といえるでしょう。
その他にも、旭山動もの園では「混合展示」という、複数の動ものを混合させておんなじ場所で飼育するという試みも行っています。
ただこれはかなり辛く、今はまだ実験中の段階のようです。