特急旭山動物園号で旭山動物園へGO

数ある旭山動もの園への交通アクセスの中には、JRを利用するという選択肢もありますね。
旭山動もの園は、もう日本を代表する観光スポットになっているので、全国各地から数多くの入園者が訪れています。
そのため旭山動もの園行きの列車も当然出ているのですが、その一環として、札幌―旭川間を結ぶ列車「特急旭山動もの園号」を運転させています。
「特急旭山動もの園号」は、旭山動もの園へいく来園者のために作られた列車です。
旭山動もの園の飼育係をしていたあべ弘士さんがデザインした、動ものに弾きた車両外部と、その動ものが住む環境をテーマにした内装が特徴的な列車です。
現在、動ものを模した列車の種類は、全部で5種類、5号車まであります。
1号車は「ホッキョクグマ号」。
テーマは「北極」で、からっきし氷の世界に囲まれているような車両になっています。
ホッキョクグマだけでなく、ホッキョクギツネやフクロウもいるみたいですよ。
2号車は「オオカミ号」。
テーマは「ツンドラ」です。
普段は怖いオオカミと一緒に動もの園まで出向くことができます。
3号車は「ライオン号」。
テーマは「サバンナ」。
熱帯雨林の中で、百獣の王ライオンと一緒に動もの園へ向かいましょう。
4号車は「チンパンジー号」。
テーマは「ジャングル」で、森の中でチンパンジーたちに囲まれながらの旅になります。
5号車は「ペンギン号」。
「南極」がテーマですね。
ペンギンといえば、散歩する姿が愛らしい旭山動もの園のアイドルです。
動ものたちのラブリーな姿に囲まれて動もの園まで一緒に出向くことができる特急旭山動もの園号は、嬉しい思い出作りにオススメです。