あざらし館

いろいろな動ものがいて、いろいろな施設がある旭山動もの園。
行動展示という性質上、その施設ひとつひとつが個性的で、そこにいる動ものに合わせた作りになっているので、どれも見応えがある施設になっています。
こんな旭山動もの園の各施設を個別に紹介していきましょう。
とりあえず、あざらし館。
旭山動もの園が今のように日本を代表する動もの園になったのは、このあざらし館ができてからです。
だいたい、旭山動もの園の中で一番人気の大きい施設といえるでしょう。
旭山動もの園は行ったことがなくても、アザラシが円柱の水槽を体を縦にした状態で泳いでいる映像は見たことがあるという人は、随分多いのではないでしょうか。
あざらし館は、もはや旭山動もの園の代名詞とも言える施設になっています。
あざらし館が誕生したのは、2004年6月です。
おなじみの円柱型水槽は、「マリンウェイ」という名称の大水槽で、アザラシが海中でどんな風に泳いでいるのかを在るようなデザインになっています。
アザラシの特徴的な泳ぎ方を観察するには、最高の水槽といえるでしょう。
アザラシはマリンウェイの中にたえずいるわけではなく、この水槽は飽くまであざらしの水路、つまり通り道となっているので、移動の途中にこの水槽に起こることになります。
そのため、多くの人がマリンウェイの前でアザラシが通り過ぎるのを待っています。
運よくアザラシが現れた時には、待ちかねた人たちから歓声が上がります。
アザラシは、大いに好奇心旺盛な生きものです。
そのため、マリンウェイを通った時に人がいると、その人のほうに顔を向けて近付いてくることもあります。
水槽越しですが、アザラシとのふれあいも出来るのです。
あざらし館には、マリンウェイ以外にも岸辺をモチーフとしたスポットがあります。
陸地や浅瀬のアザラシを見たい場合や、もぐもぐタイムがお目当ての場合は、こちらに行きましょう。