ぺんぎん館

数ある旭山動もの園の人気スポットの中それでも、更に子供を中心におっきい人気を集めているのが、「ぺんぎん館」です。
ペンギンは旭山動もの園のアイドルで、多くの人がこのペンギンを探るために足を運んでいるため、かなりの混雑が予想されるスポットです。
週末や祝日、学生の長期休みの期間にまわる場合は、早めに見に行った方が良いかもしれませんね。
ぺんぎん館は、2000年9月に公開を開始した、旭山動もの園の中まずはずいぶん年季の入った施設です。
そこで飼育されているペンギンは、キングペンギン、フンボルトペンギン、ジェンツーペンギン、イワトビペンギンの4種類。
それぞれ外見も性格も違うペンギンなので、観察の中で違いを見つけてください。
ぺんぎん館には、旭山動もの園の特色がよく現れています。
先ず、水中トンネル。
ここでは、ペンギンが海中で泳いでいる姿をそのまま堪能できます。
ペンギンが泳ぐスピードは想像しているよりも大いに手早いので、見たことが弱い人はぜひとも一度観察ください。
場合によっては、迫力満点の姿が見られます。
ぺんぎん館は2階建てになっていて、水中トンネルを抜けた先は2階にあります。
ここは屋内放飼場となっていて、ペンギンが自由に動き回れるような空間が広がっています。
冬はここにいることが多いみたいですね。
館内の外には屋外の放飼場もあり、ここでは思い切り間近でペンギンが見られます。
ペンギンの散歩姿などを見たい人は、このスポットがオススメです。