オオカミの森

動もの園にいく子供さんが見たい動ものというと、ゾウやキリンのようにでかい動ものや、ペンギンやコアラのように物珍しい動もの、ないしはレッサーパンダやアザラシのような可愛らしい動ものが数多く挙げられますね。
それでも男の子の場合は、カッコ宜しい動ものにも憧れたりするものです。
そのカッコ好ましい動ものの中けれども、最も子供たちが一度は見てみたい動もののひとつに、オオカミがいます。
オオカミは、本当は極めて物珍しい動ものです。
絶滅の危機にあるので、野生で確かめる機会は少ないといわれています。
日本で野生の動ものを見る機会自体そんなふうに多くはありませんが、オオカミは相当貴重で人気の大きい動ものなのです。
あんなオオカミがいる旭山動もの園のエリアは、「オオカミの森」というところです。
オオカミの森は、2008年6月に誕生しています。
このオオカミの森にいるのは、シンリンオオカミというオオカミです。
結構凛々しく、最初は大きな犬と思うかもしれませんが、よく見るとその違いに感づくでしょう。
そういったオオカミの森の最大の特徴は、「ヘアーズアイ」というカプセルです。
このカプセルはかまぼこ型になっていて、オオカミをすぐ近くで観察することが出来るようになっています。
運が良ければ、オオカミを目の前にした光景を探ることも可能です。
オオカミは警戒心が手強い動ものそれで、その光景は全く貴重。
動ものスキなら、どうしても抑えておきたいポイントです。
また、オオカミの特徴といえば、遠吠えですね。
旭山動もの園内にテーマ曲や閉園を告げる蛍の光がにじみ出る際などに、よく遠吠えをするそうです。