もうじゅう館

動もの園の花形とも言うべきライオンやトラといったどう猛な動ものは、子供たちの間それではほんとに人気の厳しい動ものです。
怖がって近づけないのはまず大人の方で、子供たちは喜んで出向くことが多いみたいですね。
こういった肉食系の動ものは迫力満点で、非日常の代表的な存在なので、子供にとっては新鮮でカッコ相応しいという風に見えるのでしょう。
あんな肉食動ものが蔓延るエリアは、「二度とじゅう館」です。
旭山動もの園にもう一度じゅう館が誕生したのは、1998年9月のこと。
本当はこの時期、旭山動もの園は最大の危機を迎えていました。
動ものを向き合うテレビ番組も少なくなって、テーマパークやアミューズメントパークなど、他の娯楽があっという間に栄えている時代で、動もの園という娯楽施設自体が下火の時代でした。
あんな中、この「これからじゅう館」が完成し、いっぺんに人気を博したのです。
旭山動もの園の誇る行動展示が色濃くなったのも、このあたりのことです。
臨場感満点の観察が出来るということで一躍人気のエリアになり、旭山動もの園の活性化に係わりました。
そういった意味では、旭山動もの園を代表する施設といえます。
そんなとっくにじゅう館にいる動ものは、ライオン、アムールトラ、ユキヒョウ、アムールヒョウ、クロヒョウ、ヒグマ。
どうしても、ライオンとトラが人気です。
その迫力に、多くの子供たちが歓声を上げています。
また、見に行った人たちの視線を釘付けにするのは、ヒョウです。
ネコ科の中それでも殊に猫くさいことから、猫スキには単に好かれる動もののようです。