オランウータン舎&おらんうーたん館

迫力ある動もの、素晴らしい動もの、物珍しい動もの…動もの園にいく人の多くは、そんな動ものを目的に足を運ぶことでしょう。
その一方で、最近は癒しの動ものが特に人気が高いようです。
見ているだけで癒される、のんびりした気持ちに生まれ変われる。
そんな動ものが、人気を集めています。
旭山動もの園の中で、とにかく癒し動ものとして人気なのは、オランウータンです。
オランウータンは「森の人」という意味の名前を持っていますが、実に野生のオランウータンは森の中で生活しています。
子供を抱える親オランウータンの姿は人間に間近いといわれてあり、ふとした親近感も生まれるくらいです。
オランウータンの特徴は、どうしても森の木の枝を掴んで移動する、その移動方法にあります。
手を伸ばして枝をつかみ、足も使って空中を見事に移動します。
そのため、握力は人間よりはるかに深く、200kgとも300kgともいわれています。
なるほど見えて、かなりの力持ちなんですね。
そんなオランウータンを見掛けることができる旭山動もの園の施設は、「オランウータン舎」と「おらんうーたん館」です。
「オランウータン舎」は2001年8月に誕生した施設で、オランウータンが移動しやすいよう、さまざまなロープなどを配置した空中遊技場があります。
また、オリやガラスを挟んで360度観察できるようになっています。
一方の「おらんうーたん館」は、2005年1月に完成した旭山動もの園の新たなオランウータン施設で、「オランウータン舎」に隣接されています。
こちらはオリやガラスが無く、オランウータンをすぐそばで観察できます。