さる山&サル舎&てながざる館

動もの園におけるひとつの名所に、「さる山」がありますね。
さる山は、ニホンザルが群れをなして生活しているエリアです。
ニホンザルは、その外見や動きが甚だ人くさいということもあって、如何なる動もの園でもアイドルとなっています。
観光客を襲うなどの社会問題になっているケースもあり、些か怖いと思っている人もいるかもしれませんが、基本的には動もの園のサルは安全です。
そんな「さる山」は、もちろん旭山動もの園にもあります。
1997年7月に完成した「さる山」では、たくさんのニホンザルを観察することができます。
また、サル関連の施設は旭山動もの園には他にもたくさんあります。
たとえば「サル舎」もそのひとつです。
ただ、ここにいるのはニホンザルではありません。
ワオキツネザル、アビシニアコロブス、ブラッザグェノンといったサルの仲間たちがいます。
これらのサルはかなりめずらしく、また外見もユニークなので、大いに人気がおっきい施設となっています。
リスザルのような良いサイズのワオキツネザルはとにかく人気が激しく、日光浴をしている姿はとっても癒されます。
一層、テナガザルのいる「てながざる館」もあります。
2009年にオープンした「てながざる館」では混合展示もされていて、テナガザルと一緒に、鹿の仲間である「キョン」が住んでいます。
運が良ければ、一緒のところが在るかもしれません。
ひと言でサルといってもその種類はさまざまで、外見も性格も断じて違っていたりします。
いろいろなサルを見に行って下さい。