チンパンジーの森&ちんぱんじー館

よくニホンザルと混同されがちなチンパンジーですが、実際には別の生きもので、さすがそのエリアも異なります。
より人間にほど近いのがチンパンジーで、非常に愛くるしい姿を見せて頂ける。
旭山動もの園のチンパンジーは、「チンパンジーの森」と「ちんぱんじー館」にいます。
「チンパンジーの森」と「ちんぱんじー館」は、互いに2006年にオープンし、冬季は屋内である「ちんぱんじー館」に転じ、それ以外は屋外である「チンパンジーの森」での展示となっているようです。
但し、夏場でも午後4時以降は「ちんぱんじー館」に移動しています。
「チンパンジーの森」では、スカイブリッジと呼ばれる施設で生活しているチンパンジーを観察できます。
スカイブリッジは空中に掛けられている橋で、ここにチンパンジーがいる場合は、やけにさまざまな角度から観察ができます。
また、高さ16mの鉄柱も設置されていて、いろいろな遊具が用意されているので、それで遊ぶチンパンジーも見ものです。
チンパンジーは実に賢い動ものであると同時に好奇心旺盛な動ものそれで、予測できない行動を何かと見せて頂ける。
他の動ものまずは真似できないようなリアクションも見せてくれるので、観察するのが全く嬉しい動ものといえるでしょう。
冬期には「ちんぱんじー館」での観察となりますが、この館はガラスで仕切られている施設で、まったく接近した状態でチンパンジーの観察ができます。
屋外とは変わり、ガラス窓のすぐそばまで寄って生じることも数多く、非常に間近い位置で見分けることが出来るので、かなり臨場感のある観察と至ることでしょう。
どちらも、旭山動もの園ならではの展示といえますね。