ホッキョクギツネ舎

北の大自然の中にいる動ものは、その雪一面に覆われた景色に溶け込むように毛並みを白くします。
ホッキョクグマがその一番の例ですね。
白い動ものはそれだけでとっても物珍しいですし、見ていて癒されます。
純白の毛並みを見ているだけで、何となく心が洗われるかのようです。
こんな、白一色の動もののひとつに「ホッキョクギツネ」がいます。
ホッキョクギツネは、北海道ならではの動ものと言うよりは、もう北の動ものです。
マイナス70度にも踏ん張れるという強さを所持している、気高い動ものです。
あんなホッキョクギツネを見て取れる動もの園は日本国内では数が小さく、旭山動もの園はその少ない動もの園のひとつです。
旭山動もの園では、ホッキョクギツネ舎でその凛々しい姿を見分けることができます。
寒さから身を続けるために毛並が普通のオオカミよりも多いホッキョクギツネの姿は、カッコいいだけでなく可愛さも備えています。
そのため、大人から子供まで大きい人気を獲得している動ものです。
犬にかなり近い姿なので、馴染みがあるとも当てはまるところがポイントなのかもしれませんね。
ホッキョクギツネの生態的な特徴は、自分が食べ記した食べものを保存するという習性です。
北の台地では、どうも食べものに巡り会えません。
そのために、一度に全部食べられなかった場合は、残る分を保存するという習性が身についているのです。
ホッキョクギツネ舎では、運が良ければこんな場面にも遭遇することが出来るかもしれませんね。