レッサーパンダの吊り橋

千葉市動もの公園で、2005年頃にいきなり有名になった動もの。
如何なる動ものか覚えていますか?
それほど、あのレッサーパンダの風太くんです。
ただでさえ愛嬌のある愛らしい顔なのに、二本足で起きるという物珍しい習性を持っていたことから大きな話題になり、たくさんの人が彼を見に回るという一種の社会現象が起こりました。
こんなブームがあって以降、レッサーパンダは他の有名動ものと渡り合えるくらい人気の大きい動ものになりました。
そうしてそれは、旭山動もの園の中それでも例外ではありません。
ペンギンやアザラシなどの人気の高い動ものたちと同じくらい、多くの人から観察達する動ものとなっています。
そんなレッサーパンダのいる「レッサーパンダの吊り橋」が旭山動もの園に完成したのは、2007年12月のことでした。
行動展示というテーマを持っている旭山動もの園にあって、「レッサーパンダの吊り橋」も例外でなく、自然の中で暮らしているレッサーパンダに間近い状態で観察出来るような施設を作っています。
レッサーパンダが木に登りやすいように高さ3.5mの位置につり橋をかけ、そこを行き来出来るような環境にしているので、自然にほど近い姿で暮らしているレッサーパンダを確かめることができます。
レッサーパンダの特徴は、言うまでも無くその外見ですね。
ともかく美しいです。
フカフカの毛並に、愛嬌のある顔立ち。
犬や猫がスキな人は、概ねレッサーパンダもスキになるのではないでしょうか。
活動的で、それでいて丸まっている姿も愛くるしいので、如何なる場面に遭遇しても満足出来るでしょう。