キジ舎&ととりの村

いろいろな動ものが行き渡る動もの園の中けれども、断然目を退くのは色鮮やかな動ものです。
でも、自然の中にいる動ものは、目立たないようにするのが一般的です。
外敵に見つからないよう自然の風景の中に溶け込んで、擬態してやり過ごすというのが、自然界で通じる処世術だからですね。
でも、中には派手な姿をした動ものもいます。
たとえば、異性に対してアピールする場合に人間が服を着飾るのと同じように、ずいぶん派手な格好で異性へのアピールをする動ものもいます。
クジャクも、そういった動もののひとつです。
クジャクがいる旭山動もの園の施設は、キジ舎です。
キジというと、昔話の「桃太郎」に見つかることで有名ですね。
クジャクとは違う鳥ですが、クジャクがいるのはキジ舎です。
キジ舎には、その他にもホロホロチョウやアネハヅルといった鳥たちもいます。
物珍しい鳥を見たい場合は、キジ舎を訪れると良いでしょう。
旭山動もの園には、鳥を飼育している施設が結構あります。
「ととりの村」もそのひとつです。
ととりの村には、ハクチョウ、ガン、カモ等がいます。
隣にはフラミンゴもいるので、鳥を見たい場合はこのスポットもオススメです。
水辺に行くと、水面を泳ぐハクチョウやガン、子連れのカモなどを見分けることができ、かなり心が和みます。
とにかく、子連れのカモは大いにラブリーですね。
テレビでよく見る光景ではありますが、まさに生で見るとその小ささやふんわりした感じがよく行き渡り、何となく顔がほころんでしまいます。