えきねっと言うのは、めんどう?使いにくい?ネット世代とガラケー世代の差

インターネットでJRの新幹線や特急の予約が、出来るサービス「えきねっと」を、使ったことが、有りますか?
えきねっと言うのは、パーソナル・コンピューターだけでなくスマホでも、使えます。

そういわれて「あ、イージーだな。

使ってみたいな。

」とおもう人と「めんどうくさそう」「使いにくいとおもうからネットじゃなく窓口へ行きたい」とおもう人、その差は、なんでしょうか。

ネット世代の若い人たちは、チケットの予約もショッピングもなんでも、携帯やネットで済ませます。

なのでえきねっとシステムにも順応が、速く使いこなせるのでしょう。

なんでこんなことを、言ったのかと言うと、私は、ネット世代では、なくガラケー世代だからです。

ガラケーが、メージャーだったころに青春を、していたものなので、あまりネットであれこれ見ると言うことが、少無いんですよね。

なので、新幹線のチケットを、自分で予約してネットで取るなんてとてもめんどう&大変そう・・・と思ってしまいます。

私は、正直言うとネットのイージーさは、わかりますが、新幹線の予約は、窓口に行きたい派です。

窓口だと座席も伴にみなが、ら決めてくれるし、往復やノリつぎも自分で調べなくてもやってもらえるんです。

なので、私は、めんどうは、嫌なので、手間は、かかりやうですが、窓口へいきます。

大きな駅だと窓口の数が、沢山のにもの凄い混雑すると言うことも沢山のですが、、並んででも、窓口でやってもらいたとおもいます。

ハンドリングは、イージーなのですが、、ログインしたりするのが、めんどうと思ってしまうのは、やは、り、年齢的な感覚なのでしょうか?