二条城の魅力

二条城の魅力とは建ものや庭園の効果さだけではなく、日本の歴史そのものを見極めることが出来る魅力でしょう。
日本史がスキな人にとっては京都に来て二条城を見ないという選択肢はありません。
それほど二条城は歴史の中に登場するのです。
徳川幕府の始まりの時から、終焉の時まで二条城を舞台にした歴史が流れていったのです。
現代でも対価ドラマを始めとする江戸時代の時代劇では必ずと言っていいほど二条城が出てきます。
これまで歴史に興味を持ち歩いていなかった人でも二条城お歴史を知れば、一度は見てみたいと想うことでしょう。
歴史的な魅力だけではなく、絢爛豪華な肖像画は美術的な価値も厳しいものばかりです。
美術史の中けれども二条城は登場するのです。
3,000面を飛び越える肖像画が飾られている二条城ですが、すべてが公開されているわけではありません。
でも重要文化財に指定された肖像画は随時一般公開されています。
これからも日本の歴史を学ぶ場所としての二条城の役割は重要です。
学校で学んだ日本史に書かれていないこともたくさんあります。
京都観光にいくことがあるなら、二条城を見ないで戻ることは避けるべきでしょう。
二条城を見てこそ、京都の歴史をおっしゃる資格があるのです。
自分たちが住んでいる日本では過去に如何なる歴史があったのかを振り返って見るきっかけとしたいものです。
それらすべてが二条城の魅力と言えます。
その魅力に弾かれて何度も訪れている人もいます。
現代の二条城が大切に保存されて出向くことを期待ください。