くもざる・かぴばら館

癒しの動ものとして、最近人気急上昇中な動ものといえば、カピバラです。
アルパカ同様、ちょっと前まではからきし有名ではなかった動ものです。
でも、最近はテレビ番組などでもしょっちゅう見掛けるようになり、カピバラの特集が備わることもあるくらい有名になってきています。
そういったカピバラの特徴は、どうしてもその愛嬌のある外見ですね。
言わば「実写版ムーミン」みたいです。
ちょっと面長な顔でとぼけた感じが出ているので、その見た目で随分癒されます。
そうして、同時にそのゆったりとした動きが、ますます癒し効果を上げているように感じます。
カピバラは、旭山動もの園では「くもざる・かぴばら館」で観察することができます。
2005年に誕生した「くもざる・かぴばら館」は、その名前のとおり、クモザルとカピバラを混合展示しているスポットです。
そのため、カピバラだけでなくクモザルも一緒に探ることができます。
クモザルは、オランウータンのように高い所にのぼります。
しっぽを賢く使ってなるので、見ていて至って器用に感じます。
ただ、そこからおしっこをすることがよくあるそうです。
カピバラの癒しムード満点な姿にまったりしていたら上から何か降ってきた…ということはよくあるようなのでクモザルの動きには注意が必要です。
カピバラは寒さに軽く、旭山動もの園での展示は夏期だけです。
展示期間中は、運が良ければ水浴びをしている姿を見分けることも出来るでしょう。
のほほんと水に浸かる姿は、かなり温泉にでも入っているかのようです。