熊本県を旅行したことがありますか


熊本県に大きな地震が起こったことは、まだまだ記憶に真新しいことと思います。
その後しばらくして、大分県も大きめの地震が起こったり、阿蘇山が噴火したりと、九州地方は一時、ずっと貫く自然災害に見舞われました。
家や道路が崩壊してしまうなど、大きな被害もたくさん発生しました。
熊本の大きな観光スポットでもあります熊本城も崩れてしまい、修復が急がれることもニュースでご覧になったことでしょう。
それら数多くの修羅場を目にした皆さまは、募金をしたり、援助もの資を送ったり、時間が自由に陥るかたは現地までボランティアにでかけたりと、それぞれ可能な範囲での援助をなさったことと思います。
その甲斐ありましてじわじわ復興が進み、九州、とりあえず被害の大きかった熊本県も、少しずつ元気を取り戻しています。
ただし、被害はあまりにも甚大であったため、ちょっと震災前の状態にはほど遠いです。
「そういう一大ところへ遊びに出掛けたら申し訳ない」、そんなふうに見紛うのが、日本人の優しさもあるわけですが、熊本のかたは、たくさんのかたに来て頂いて、災害の爪痕を見てくださいとしていますし、熊本でお金を通じていただいて復興に役立てたいとも思っています。
なにより、愛すべき故郷である熊本をもう一度見てほしい、知ってほしいとしているのです。
せっかくですからこの機会に熊本へおでかけしてみませんか。
火山のお膝元もある熊本県には、嬉しい温泉があちらにもこちらにも湧き出ていますから、お薦め望む温泉宿もたくさんあります。
あなたも、温泉宿で日頃の疲れを癒したいか。
それなら、今こそ熊本へ足を運ぶべき時です。
いくつかのお薦めの温泉地とお宿をご紹介いたしますので、ぜひ検討してください。

熊本の観光スポット(1)


ゆっくりと温泉につかって日頃の疲れを癒したいということで、温泉宿に籠って2~3日話すというのも、ひとつの旅のスタイルです。
諸々忙しく歩き回るよりも、更に贅沢な話し方かもしれません。
熊本のリピーターのかたは、そういった旅を一度は経験してみることをお薦めしたいと思いますが、何とか熊本を訪れるかたには、予め熊本が誇る観光スポットも見てほしいと思います。
地震で一部壊れてしまい、まだ修復中ところが、「熊本城」は熊本のシンボルと言えるくらいのもっとも有名な観光スポットであると言えるでしょう。
日本の三名城のひとつに数えられているくらいです。
ですので、お城に興味があるかたも薄いかたも、熊本を訪れたならば熊本城は観ておくべきお薦め観光スポットです。
目下、周囲は立ち入り禁止になっていますが、天守閣や櫓などを眺めることは出来ますので、そんなにしょんぼりすることはありませんし、修復は少しずつですが確実に進んでいますので、ほぼ早くに近くで見られるようになるかもしれません。
また、熊本と言えば「阿蘇山」ですが、阿蘇山も地震後に噴火いたしましたので、登山などはできません。
ですが、熊本のお薦め観光スポットでもあります、阿蘇外輪山の「大観峰」に行くことは出来ます。
大観峰というのは、外輪山の最高峰で、標高が936メートルあります。
そのため、阿蘇五岳を望むことも出来るなど、大変景色が良い場所です。
念のため、火山情報をチェックしながら、ここにはぜひともお立ち寄り下さい。
周辺には、お薦めの温泉宿がたくさんありますので、そちらに宿泊なさるとすぐに足を延ばせるので良いですね。
温泉宿は後日ご紹介いたします。

熊本の観光スポット(2)


紀元前に創立され、2300年もの歴史を持つという「阿蘇神社」もまた、熊本県のぜひ観て下さい観光スポットのひとつでありますが、この神社も震災で広く崩れてしまいました。
復旧が急がれていますが、あなたがこれをお読みになっている時点で、どのあたりまで復旧が進んでいるのか見当がつかないため、正確なことは申せませんが、多少なりとも足を踏み入れることが可能な状態になったならば、お立ち寄りしていただくことをお奨めいたします。
誠に申しましても紀元前からの神社ですので、その伝統と長い歴史になにかしら感じて頂ければという次第です。
熊本へ旅行の際には、阿蘇神社の復旧の様子をチェックしてからお出かけ下さい。
お子様も一緒に熊本旅行する場合には、「阿蘇カドリー・ドミニオン」がお奨めです。
こちらは、お食事やお買いものも遊べる大きな動もの園です。
大人しい動ものたちとふれあうことも出来ますので、大人も子供も楽しめますよ。
動もの園は熊本でなくても出向くことが出来ますが、こちらは観光客にも人気がありますので、ぜひお止まり下さい。
熊本ならではの観光スポットですと、「鍋が滝」もとてもお奨めです。
名前のとおり滝ですが、景観が非常に美しいです。
落差は10メートルほどしかありませんが、幅員が20メートルもありますので、まるっきりカーテンのようだとよく耳にします。
滝の裏側へ行くことも出来るのですよ。
たくさんの観光スポットを見て歩いたあとの温泉はまた格別ですから、たくさん見て周りましょう。
観光スポットにもなっている遊び場と温泉宿がおんなじ場所にあるという非常に便利なところもありますので、次回はそんな遊び場をご紹介いたしましょう。
観光スポット内にある温泉宿は、温泉自体もスパのようになっているなど、おもしろいところが多いので、ファミリー向けとも言えそうです。