新幹線の歴史


新幹線に格安で乗ずる方法は、後ほどお話いたしますが、その前に新幹線の歴史をあらかたお話いたしましょう。
日本で初めての新幹線は、1964年の東海道新幹線だというお話を、前回いたしましたね。
本当は戦前から、日本においても高速鉄道はありました。
しかし、1950年代までの最高速度は、100km/h以下しかなかったのです。
我が国は、現在のように裕福ではなかったですから、スピードの芽生える目目新しい乗りものを開発形づくるにも予算がなかったのです。
ドイツでは、150km/h以上の気動車列車がもう走っていましたし、イギリスでは、最高速度160km/h以上の特急列車が、走っていました。
アメリカにおきましては、当時既に最高速度が180km/hに達する蒸気機関車も存在していました。
その時点では、日本はまだまだ遅れていたということになります。
1930年代に入ったころ、満州事変や日中戦争が激化して訪れるにつれ、日本から中国、そして満州へ向かうもの資輸送需要が激増してきました。
それにより、主要幹線の輸送力を強化するため、様々な検討が行われました。
その結果、輸送力の増強手段として「弾丸列車計画」というものが、1939年に発案されたのです。
東京から下関までの間を200km/hで、9時間で結ぶという計画です。
1940年には承認され、工事が始められましたが、この時点で目新しい幹線を増設するということで、「新幹線」という呼び方ができ上がったとしています。
格安チケットで旅をしながら、このようなウンチクのひとつでも旅のパートナーに聞かせてあげてみてはいかがでしょうか。