新幹線に格安で乗っかる方法(回数券)


新幹線に格安で乗ろうと思ったのなら、チケットショップを利用する・・・これは、きっと多くのかたがたが思いついた方法でしょうね。
前回はその中で、チケットショップで売っている新幹線チケットの多くは、回数券をバラしたものだということもお話いたしました。
ということであれば、前もって新幹線のチケットには回数券というものがあるということがわかりますね。
これは、度々旅行や帰省で新幹線にお乗りになるかたは知らなかったことかもしれませんが、会社において出張などで頻繁に新幹線を利用するかたは、知っていることでしょう。
大勢で、一定の期限内に、新幹線を利用するのであれば、定価でチケットを購入するよりも何時も格安で乗っかることができます。
さて、その回数券ですが、どのようになって売られているのかと申しますと、これは、各新幹線によって、多々異なっています。
東北新幹線の場合には、6枚つづりで3か月有効となっています。
上越新幹線の場合にも、6枚つづりで3か月有効です。
東海道新幹線と山陽新幹線につきましては、種類が多々あります。
グリーン車用の回数券などもあり、こちらは6枚つづりであったり、4枚つづりであったりさまざまです。
東京・大阪間の普通車指定席用は20枚つづりの回数券もあるほどです。
それぞれ目的によって選びたいですね。
九州新幹線は2枚つづりです。
有効期限は1か月しかありませんが、みずから往復に使用したり、二人で片道に使用するなど、用途が色々あり便利です。