新幹線に格安で乗じる方法(自由席)


今回もまた、もの物珍しい手法もなんでもなく、思い切り普通に新幹線に格安で乗車する方法をご紹介いたします。
今回の割引率は、格安と言うほどではないかもしれませんが、確実に安くなる方法ですので、ではお読みください。
皆さまは、新幹線のチケットを購入する場合、とくにハイハイ、当たり前のように「指定席」を購入していませんか。
断然、自由席を購入するということは、目的地まで立ったままで移動する可能性がでてきますから、幾らか、心配になってしまうのも無理ないでしょう。
そういう考え方をしますと、指定席とは、リライアビリティを購入するようなものと言っても良いでしょう。
それに、往復両方とも指定席を購入したからといって、何千円も掛かるわけではありませんからね。
しかし、もし、あなたが幾らか安く新幹線にのぼりたいというのであれば、今までのその考えを改める必要がありそうです。
自由席にすることで、価格が安くなることは事実ですからね。
それが往復分となると二倍、安くなるのです。
新幹線に乗車するのがオンシーズンでない場合には、指定席ではなく、自由席としておいても座席に参ることは数安いでしょう。
新幹線の場合には、多くのかたがわずか感じることなく指定席を購入いたしますので、オフシーズンであれば、自由席もそれ程混雑していない場合が多いです。
けれどもまだまだ、心配というかたは、発車時間よりもとっくから、ホームに並んでいれば座席の確保は確実といって良いでしょう。
しかも、先の方に並んでいれば、おスキな席が確保できます。
指定席の車両で、空いている居心地の汚い座席よりは続続快適です。