沖縄の食文化について


沖縄料理と言うとつい独特なイメージが有りますよね。
沖縄料理は沖縄の亜熱帯という気候と、日本と中国両方の文化の影響から来ている物で、そこから来ているので沖縄独自の料理というジャンルを形成していうと考えられています。
沖縄には現在数多くのお進めの高級リゾートホテルが有ります。
高級リゾートホテルもそういった沖縄料理を食する事が出来ますが、沖縄中のお店もお進めの沖縄料理を堪能する事が出来ます。
沖縄料理には、歴史的に琉球王朝が絡んでいて、宮廷料理が流れとなって残っている事が考えられます。
もう一度沖縄は台風が多い地域です。
そこから干ばつがきたりとずいぶん恐ろしい条件下で生活をしていかなくてはいけません。
そうした中、食べものの保存や料理方法にも知恵と工夫がたくさん入りこみ、庶民料理として発達していうと考えられています。
沖縄料理と言うと「ゴーヤチャンプルー」と答える人が多いですが、沖縄料理はとても種類が多いと言うのはご存知でしたでしょうか。
また豚肉料理が至って多いと言うのも沖縄料理の特徴です。
沖縄の土地は豚の飼育に適していると言われていて、断ち切る所が無いくらい全部料理に使っていると言われています。
一段と滋養強壮として山羊を使ったり、豆腐を使ったりと種類がどうしても多いです。
また野菜はその過酷な環境から育ちすぎる傾向が有り、ゴーヤを代表として手ごわいものができがちです。
こんな沖縄料理を行う事で、沖縄の歴史が僅かわかってくるかもしれませんね。

沖縄の代表的な料理


高級リゾートホテルで贅沢な料理を食らうのもお進めところが、高級リゾートホテルでは味わえない様な一般家庭で食べられる様な沖縄料理を行うのもお進めです。
沖縄料理はたくさん有り、名前位は知っているという人も多いのではないでしょうか。
なのでここでは代表的な沖縄料理を挙げてみたいと思います。
【沖縄そば】
本州で食べられている蕎麦は「そば粉」を使用して作られている物が多いです。
但し沖縄そばは「小麦粉」で作られているのが特徴的です。
その麺に、豚骨ダシ、豚の角煮、かまぼこなど、沖縄ならではの具材が添えられています。
沖縄そばにはソーキ蕎麦、八重山蕎麦、中身蕎麦等、たくさんの種類が有ります。
【ゴーヤチャンプルー】
チャンプルーは「炒める」という意味の言葉となっています。
麩チャンプルーやソーメンチャンプルー等、たくさんのチャンプルーが有りますが、沖縄料理で有名なチャンプルーと言うと「ゴーヤチャンプルー」だと思います。
そもそもゴーヤにはビタミンCがたっぷりと塞がり、その苦味から夏は大活躍する沖縄野菜となっています。
【ジーマーミ豆腐】
ジーマーミとは「落花生」を意味する言葉で、落花生によって作られた豆腐の事を指しています。
精進料理の一種と言われていて、栄養価が思い切り厳しく重宝されている沖縄料理の1つです。
【サーターアンダギー】
通称昔ながらのドーナツと言った所でしょうか。
油で揚げる揚げ菓子となっていて、食べると中はフワッとしていて腹持ちが良いおやつです。

宮古島おすすめ高級ホテル


沖縄本島から南西方向に大体300kmほど離れた所に位置している島が「宮古島」です。
沖縄県内では4番目に広い島として知られています。
(一番目は沖縄本島、次目は西表島、3番目は石垣島)
宮古島にはお奨め観光名所としても有名な与那覇前浜ビーチが有ります。
全長7kmという長い砂浜が有り、その砂もサラリとしていて気持ちがいい砂です。
トライアスロンの会場としても使われているそうです。
また宮古島でビーチと言ったら砂山ビーチが有り、南国気分が一気に盛り上がりそうな雰囲気が在るビーチとなっています。
この他にも数多くのビーチが有ったり、高級リゾートホテルが有ったりと、のほほんと充実した沖縄を体験する事が出来ます。
そういった沖縄旅行をゆっくりと暮らす為には、高級リゾートホテルに泊まってみると言うのも良いと思うのです。
なのでここでは宮古島にあるお奨めの高級リゾートホテルを挙げてみたいと思います。
【シギラベイサイドスイート アラマンダ】
全室スイートルームという、超贅沢な高級リゾートホテルです。
ルームタイプやコテージタイプ、戸建てのゲストハウス等、様々な部屋タイプが有ります。
【ヴィラブリゾート】
沖縄の民家をイメージさせる赤レンガによるヴィラが特徴のホテルです。
さわやかおもてなしと寛ぎを与えて受け取るホテルとなっています
また全室どの部屋からも水平線が一望出来たり、プライベートプールが有ったりと、プライベートな空間を大切にする事が出来るホテルとなっています。