平岩玄(バスケ)の中学・高校・バッシュ・兄弟を調査!ミニバスとの出会いとは?

アルバルク東京

こんにちは。ナギボーイです。

1997年4月から1998年4月までの生まれ世代を、八村世代といます。

将来有望な選手が集まる八村世代に平岩玄がいます。

そんな平岩玄の中学・高校・バッシュ・兄弟・ミニバスとの出会いについて調べたいと思います。

スポンサーリンク

平岩玄のミニバスとの出会い

小学校1年生の時に、バスケットボールを始めた。

お姉さんに誘われて始めたのがきっかけだった。

初めた頃は、なぜかわからないが練習は嫌いだったそうです。

しだいに本当に好きになったは、小学校6年生のときできちんとバスケットボールができるになってからだという。

父親は当時の事を以下のように振り返ります。

小学生のとき、(玄選手の)姉が入っていたミニバスクラブに入って、姉をライバル視しつつ、いつのまにか身長も実績も姉を越えていった

名古屋EASTに所属

小学4年生では140cmのガードとして活躍。

小学6年生の時には184cmになっており、すでにダンクシュートを放っていました!

当時の監督には、派手な事ばかりせずにしっかりと基本を取り組むように指導され、ダンクは禁止されていました。

しかし、6年生最後の試合に監督から許可がおり、ダンクシュートを放ち会場が歓喜に沸いたそうです!

スポンサーリンク

平岩玄の中学・高校時代

平岩玄の中学時代

バスケを始めて練習嫌いから、ようやく好きになり始めてた小学校6年生。

地元の愛知県日進市立日進東中学校に進み一番苦労したのが走ることだったという。

なぜなら当時のバスケの顧問が走ることが大好きで、運動量など最初のころはとても困ったそうです。

2012年第25回ジュニアオールスターの愛知県選抜として出場。

大会最長身195cmの平岩玄は最優秀選手賞!

平岩玄の高校時代

土浦日大高等学校へ進んだ平岩玄は、当時を振り返ると

とにかく怒られて、とにかくきつくて、辛い思い出しかない

しかし、辛くて厳しい練習を積み重ねた結果、国体優勝ウインターカップ準優勝を残せました。

 

2013年第3回 FIBA ASIA U-16男子バスケットボール選手権大会 日本代表として出場。

後列左が平岩玄。後列左から2番目が八村塁。

 

 

スポンサーリンク

平岩玄のプロフィール

平岩玄の簡単なプロフィールを紹介します。

名前:平岩玄(ひらいわげん)

生年月日:1997年12月5日 23歳(2020年12月現在)

身長:200cm

体重:105kg

血液型:A型

足のサイズ:31cm

出身地:愛知県

出身校:愛知県日進市立日進東中学校、茨城県の土浦日大高等学校、東海大学

ポジション:C(センター)

代表歴:

  • 2013 FIBA U-16男子バスケットボール世界選手権大会 日本代表
  • 2014 FIBA U-17男子バスケットボール世界選手権大会 日本代表
  • 2015 FIBA U-18男子バスケットボール世界選手権大会 日本代表
  • 2016 日本代表候補重点強化選手メンバー選出
  • 2017 ユニバーシアード競技大会 日本代表、FIBA W杯2019 アジア地区1次予選第8次強化合宿メンバー選出
  • 2018 FIBA W杯
  • 2019 アジア地区1次予戦第14次強化合宿メンバー選出、ウィリアム・ジョーンズカップ 日本代表
  • 2019 日本代表チーム第1次、第2次強化合宿メンバー選出、ウィリアム・ジョーンズカップ 日本代表
  • 2020 バスケットボール日本代表チーム「FIBA ワールドカップ2023」重点強化選手 (男子代表 B チーム)

スポンサーリンク

平岩玄のバッシュ

アルバルク東京公式HPには、バッシューメーカーはNikeと記載されています。

Nike ハイパーダンク 2017

2020年9月17日のツイート画像とみると・・・。

 

スポンサーリンク

平岩玄の兄弟

アルバルク東京公式HPには、兄弟構成について、姉と弟と書かれています。

バスケを始めたきっかけはという事で、存在は知っていましたが、の存在を知りませんでした。

やはりバスケット選手なのでしょうか。詳しい情報が分かりしだい追記したいと思います。

スポンサーリンク

平岩玄のまとめ

高校時代から八村塁としのぎを削ってきた仲。

東海大学入学以降は何度も日本代表候補に選出されてきました。

特別指定選手で大学2年時からBリーグに入り、実績を積んできています。

ポジションは、センターゆえにゴール下のぶつかりあいにも強く、速攻にも十分な走力を兼ね備えています。

アルバルク東京では選手層が厚いですが、もし主力メンバーが怪我などで出場出来なくなった場合は、出場機会のチャンスだと思い十分な結果を残して欲しいです!

今後も平岩玄選手の活躍と動向に注意し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント