竹内譲次の結婚している嫁と子供が可愛い!バッシュ・出身校を調査!

アルバルク東京

こんにちは。ナギボーイです。

プロ野球に才能豊かな選手が多い世代「松坂世代」があるように、プロバスケットボールにも「竹内世代」があります。

彼ら世代が中心となった2007年 全世界の大学生による国際大会(ユニバーシアード)で4位という快挙を成し遂げました。

その世代の中心となった竹内譲次の結婚している嫁と子供・バッシュ・出身校を調査したいと思います!

すでにご存じの方が多いと思いますが、竹内譲次は双子の弟で、兄は竹内公輔もプロバスケ選手として活躍しています。

竹内譲次の結婚している嫁

竹内譲次の嫁は、タレントや芸能人ではなく一般女性だそうです。

検索では「もりさやか」のキーワードが出てきますが、裏付けがないため何とも言えません。

嫁の気になる画像は、残念ながら見つかりませんでした。

竹内譲次の子供が可愛い!

竹内譲次のお子様は二人います。

2018年4月に小学生になった息子さん

2018年3月12日に生まれた娘さん

自身のインスタに度々アップされています。

とても可愛いですね!

 

竹内譲次のバッシュ

以前はナイキを履いていましたが、Adidasがアルバルク東京のパートナー関係もあって、2020年1月のインタビュー記事ではバッシュメーカーはAdidas。

バッシュのこだわりはクッション重視だとか。

「僕はバッシュに関しては、クッション性重視で選んでいます。これはかかとのクッション性がすごくいい。それに、ティーマックは好きな選手なんです。色は特にこだわりがなくて、何色でも履きます」

引用元:DOOR(by ABC-MART)

ADIDAS T-MAC

元NBA選手トレイシー・マグレディのシグネチャーモデル

竹内譲次の出身校

竹内譲次のプロフィール

名前:竹内譲次(たけうちじょうじ)

生年月日:1985年1月29日(35歳:2020年現在)

身長:207cm

体重:98kg

血液型:A型

足のサイズ:31cm

出身地:大阪府吹田市

出身校:吹田市立佐井寺中学校、京都府の名門・洛南高等学校(2003年卒)、東海大学(2007年卒)

所属チーム:日立サンロッカーズ(2007年)→アルバルク東京へ移籍(2016年)

ポジション:PF(パワーフォワード)

竹内譲次の来歴

中学校1年生から双子の兄とともにバスケットボールを始める。

兄の公輔は一度バスケットボール部を辞め、友達が多くいた卓球部へ再入部するが、SLAM DUNKに影響されて再度バスケットボール部へ戻る。

2000年兄弟で京都府の名門である洛南高等学校へ入学。兄とともにツインタワーとして活躍

2002年高校3年のウインターカップで優勝。

2002年の高知国体高校男子の部で優勝

2003年兄とは別に東海大学へ進学、2004年東海大学バスケットボール2部優勝し1部昇格に貢献

2005年に全日本大学選手権で優勝。

2006年、関東大学1部リーグ優勝、優秀選手賞獲得、全日本大学選手権優勝、最優秀選手賞を獲得。

2007年、学生としては21年ぶりとなるオールジャパンベスト4に貢献しベスト5に選出。

2007年日立サンロッカーズに入団し、プロ契約

2007年アジア選手権のメンバーに選出。

2008年、オールジャパンベスト4に貢献し、2年連続でベスト5に選出。

2009年、NBAを目指し渡米、しかしサマーリーグ出場に至らず再登録された。

2013年のNBLオールスターに選出。

2015年、オールジャパン優勝に貢献し5年ぶり5回目のベスト5に選出。

2016年オフにアルバルク東京へ移籍

竹内譲次のまとめ

東京2020オリンピックの日本代表候補選手として双子の兄(公輔)と同時に選ばれた竹内譲次選手。

竹内兄弟が日の丸を背負って世界と戦う試合を早く観たいですね!

日本バスケ界をけん引し、チームとしては最年長(35歳)である竹内兄弟。

今後も竹内譲次選手の活躍と動向に注意し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント