バリ複数のパワースポット


バリの観光地といえば、どのような場所が考えつきますか?寺院や山系、ビーチ、そして世界遺産など複数の観光場所があります。
そうして今回のパワースポットですが、これも沢山のスポットが存在します。
一部になりますが、紹介させていただきます。
アングル的にエラいのが、天空の寺院として有名なルンプヤン寺院です。
この寺院を下から見上げる景色は、正しく天空に浮いているように見える。
海外からの観光客だけでなく、バリの住民からの信頼も厳しく、酷いことが起きないように、お参りに来る人や、悪いことが起きてしまった後の浄化としていらっしゃる方も多いです。
信頼のやけにあつい寺院です。
アングルといえば、バトゥール山とバトゥール湖もカワイイ場所です。
山の横に湖が窺えるアングルは、大層パノラミックな景色です。
ここは痛烈パワースポットとは言えませんが、別名天国への入り口とも呼ばれる場所です。
不思議な感覚を体験できそうですね。
次にエネルギーをいただける、エカ・カリヤ植もの園のガジュマルの木を紹介します。
これまでの山や湖、寺院にも木はあります。
ただし、ここではガジュマルの木に絞った紹介をします。
この木に絞るくらいですから、相当なエネルギーをいただけると思っていただいて結構です。
この木には、神霊が宿る木として知られています。
地元の方は、このガジュマルの木を通過するときに、あいさつを陥るほどです。
神様のあいさつを通じているかの様に対応されます。

バリまでの道のり


日本の皆さん、バリへ出かけませんか。
観光地バリへの乗り物の紹介です。
バリでは、ウォーターアクティビティーやスパ、エステ、観光スポットなどの様々な遊びができます。
このバリへ行くまでの道のりで、安く素早く到着できる乗り物を紹介いたします。
日本からのフライトでは、平均7時間の旅になります。
日本成田からの直行便では、成田発でガルーダ・インドネシア航空の経由となります。
この便でバリ島はデンバサールまで直行でいけます。
この他、大阪からは関西国際からの便で、成田からよりも、時間を短縮して行けます。
乗継便では、日本複数地点からの出発が可能です。
日本の各地からジャカルタやシンガポール、香港、タイ、韓国、台湾、マレーシアなど複数の経由場所があります。
詳しくは、航空会社に訊ねることが必要ですが、経由としてはこのような方法になります。
バリ島旅行を楽しむなら移動は簡単に済ませることが重要です。
やはり料金も安く、時間も少なくが理想的なので情報はとても大切な手段となります。
日本からインドネシア、バリまでは約7時間その時間をどのように過ごされますか。
みずからいらっしゃるなら映画鑑賞もいいですね。
カップルカップルでの旅行なら、話の時間も伸びることでしょう。
返す返す到着までの間にケンカなどしないように気を付けてください。
家族での旅行はどうでしょうか。
ちっちゃいお子様は一心にしていられません。
周りの方の迷惑にならないように機内の対策もしておきましょう。

バリの有名パワースポット


人気観光地バリの、お勧めパワースポットの紹介です。
ここバリは、不思議なパワーがやどる場所が沢山あります。
その名所に行くと元気なパワーや力をいただける。
モヤモヤしていた気持ちや、不安だった気持ち、お話そういった気持ちを癒しプラスに変えてもらえるパワーこそ、ここパワースポットに宿る力なのです。
最も一大スポット、アグン山です。
バリで一番高い山ですが、高さよりも触れてくれ部分があります。
それは、天国に一番近い場所、神が住む場所としていることです。
バリでは一番重要な場所といってもいいくらいです。
その意味は、このバリの寺院はすべてここ、アグン山を向いて建てられています。
これはスゴイことです。
ヒンドゥー教の聖地として有名なこの山は、聖なる山です。
総本山の次は、ほんのりマイナースポットを紹介してみます。
ご存じに乏しい方が多い、パサールアグン寺院です。
この寺院は、有名なアグン山の西にある寺院になります。
この付近の寺院というと、ブサキ寺院がメジャーすぎてそちらに観光客は集中しています。
地元の方や余程スキな方しか知らない、このパサールアグン寺院を紹介したいです。
ブサキ寺院と調べることになりますが、このパサールアグン寺院はブサキ寺院よりも標高の厳しい位置にあります。
その分、景色はとても絶景です。
アグン山の自然のパワーや神々のパワーも、体のすべてに吸収されます。
スゴイ穴場スポットです。