ジャパネット

AET-G13BとAGT-G13Aの違いは?アラジングラファイトグリルトースターのジャパネットと同等品の比較!

AET-G13BとAGT-G13Aの違いは?アラジングラファイトグリルトースターのジャパネットと同等品の比較!

似てるけど、少し違う。

家電にはそういうものがたくさんあります。

「どこが違うの?」って思いますよね。

この記事では、アラジングラファイトグリルトースターAET-G13BとAGT-G13Aの違いを紹介していきます。

ちなみに、

ジャパネットで買えるのが、AET-G13B

市販品がAGT-G13A

どちらを買うか迷っている方は、最後まで読むと自分が欲しい方を選ぶことができるはずです。

違う点は4つ。

具体的には、

  • 価格
  • 商品仕様
  • 機能
  • 付属品

ナギボーイ
では、それぞれ詳しく説明していきます。

AET-G13Bアラジングラファイトグリル・トースターとは?

まずは、AET-G13Bから。

2022年発売のジャパネットタカタオリジナルモデル

シンプルで丸みを帯びたデザインは、レトロでお洒落なデザイン。

わずか0.2秒で発熱する「遠赤グラファイト」を利用し、外はサクサク、中はモッチリ焼いてくれます。

庫内は、食パンを4枚同時焼きできる広さで、グラタン皿やピザを入れることも可能。

付属のグリルパンを使うことで、料理の幅も広がります。

ナギボーイ
ジャパネットオリジナルなので、ジャパネットでしか購入できません。

AGT-G13Aアラジングラファイトグリル&トースターとは?

2018年発売の市販品。

こちらはジャパネットからの販売ではありません。

大まかな特徴はAET-G13Bと一緒で、

  • おしゃれなデザイン
  • わずか0.2秒で発熱する「遠赤グラファイト」搭載
  • 食パン4枚同時に焼ける広々庫内
  • グリルパンで料理の幅が広がる

といった特徴があります。

 

ナギボーイ
「ではどう違いがあるのか?」それをここから紹介していきます。

AET-G13BとAGT-G13Aの違いは?

AET-G13B(ジャパネット)とAGT-G13A(市販モデル)の違いは、冒頭で説明した通り全部で4つ

  • 価格
  • 商品仕様
  • 機能
  • 付属品

価格

価格は以下。

  • AET-G13B 21,800円(税込)
  • AGT-G13A 22,000円(税込)

ジャパネットモデルの方が少し安め。

さらにいうと、ジャパネットモデルは下取りをすると、15,800円(税込)

さらにお買い得。

ナギボーイ
下取りができる方は、ジャパネットがオススメ。

商品仕様

AET-G13B
(ジャパネット)
AGT-G13A
(市販モデル)
寸法(mm) W350×D334×H235
W360×D355×H250
本体質量(重量) 約3.9kg 約4.7kg
消費電力 1390W 1300W
電源コードの長さ 約1.2m 約1.0m

上記の表でそれぞれの商品仕様を比較しました。

細かい違いではありますが、

  • 本体の大きさ
  • 消費電力
  • 電源コードの長さ

等に違いがあります。

AET-G13B(ジャパネット)の方がコンパクトなのにコードが長いですね。

消費電力はAGT-G13A(市販モデル)の方が少なく省エネです。

 

機能

主にこの2つ。

1つ目はヒーターの違い

ジャパネットモデルのAET-G13Bの方が、市販品のAGT-G13Aよりもヒーターが高性能

より均等にしっかり焼き上げてくれます。

 

2つ目は焼き網の位置

市販品のAGT-G13Aは、焼き網の高さ調節が可能

これでヒーターとの距離をかえることができ、お好みの焼き加減にできます。

付属品

それぞれ付属品に若干違いがあります。

以下、付属品です。

AET-G13B(ジャパネット) 付属品

  • グリルパン(波)
  • グリルパン(平)
  • グリルネット
  • ミニグリルパン
  • レシピブック

AGT-G13A(市販モデル)の付属品

  • グリルパン(深型)
  • グリルパン(浅型)
  • グリルネット
  • レシピブック
  • コンセプトブック
ナギボーイ
大きさや付属品などほんの少しの違いはありましたが、両者に大きな違いはありませんでした。

AET-G13BとAGT-G13Aの違いまとめ

最後にまとめです。

AET-G13B(ジャパネット)とAGT-G13A(市販モデル)に大きな違いはなく、価格や付属品などに違いがあることが分かりました。

違いは4つ。

  • 価格
  • 商品仕様
  • 機能
  • 付属品

AET-G13Bのジャパネットモデルの方が価格は安く、両者に大きな差はない。

なので特別こだわりがない方は、安い方を選ぶことをオススメします。

朝食で食パンを食べる習慣のある方には、マストアイテム。

 

ナギボーイ
今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

あなたにおすすめの記事

-ジャパネット

© 2022 e情報ネット