ジャパネット

MSZ-AH2220-W-INの価格は?18畳まで対応?三菱エアコンAHシリーズを紹介!

ジャパネットから三菱エアコン 霧ヶ峰 AHシリーズの「MSZ-AH2220-W-IN」が販売されました。

買ドキエアコン早期取付セールで期間限定(5月23日まで)

しかも会員様だけの特別価格!

そこで「MSZ-AH2220-W-INの価格は?18畳まで対応?三菱エアコンAHシリーズを紹介!」と題して、まとめましたので購入する際に参考にして下さい。

MSZ-AH2220-W-INの紹介

まずは簡単に特徴を紹介します。

ムーブアイの赤外線センサー

ムーブアイ

赤外線センサーが床や壁などの温度から体感温度を測り、人の位置も見て冷やし過ぎない、温め過ぎない快適な空調を実現する機能。

ビッグWフラップで快適気流

ビッグWフラップ

センサーで見て、左右に分かれたフラップをそれぞれ独立して制御します。

2つの気流で離れた2か所を同時に空調することが可能です。

しかもワイド気流/ロング気流により大型リビングや二間続きのお部屋など遠くの場所にも気流を届けることができます。

お掃除機能と清潔ボディ

フィルターおそうじメカ

自動でエアフィルターを巻きとりながらブラシでの汚れをかき取る方式なので、お掃除が早い!

ダストボックスも約10年間相当で大容量です。

よごれんボディ

エアフィルターをすり抜けた微細な汚れは、放っておくと内部にたまってしまいます。

ホコリにも油にも強い三菱独自の特殊コーティング「ハイブリッドナノコーティング」で、汚れやすいポイントへの付着を抑制します。

おまかせボディ

結露水で洗浄、オゾンで充満、熱で乾燥でエアコン内部を清潔に保ちます

はずせるボディ

フラップを外して、ファン・通風路まで簡単にお掃除ができます。

コンパクトモデル

本体高さ255mmなので狭い場所にもすっきり収まります。

据え付け高さ295mmは必要です。

MSZ-AH2220-W-IN(2020年度モデル)の型番はどうやらジャパネットオリジナルのようです。

三菱電機公式HPをみても記載はありませんでした。

市販の同等品は

MSZ-R2221(2021年度モデル)か

MSZ-R2220(2020年度モデル)のRシリーズです。

 

MSZ-AH2220-W-INの価格

ジャパネットオリジナルは下取後の価格で

MSZ-AH2220-W-INは、

¥86,800円 +送料¥3,960円 工事費込み(2021年5月23日まで)

市販の同等品モデルは楽天市場で価格調査すると以下になります。

MSZ-R2221(2021年度モデル)は、

¥365,200円 送料無料、工事費込み。

MSZ-R2220(2020年度モデル)は、

¥84,800円 送料無料、工事費込み。

 

 

やはり最新機種はお値段が高いです。

楽天市場やYahoo!ショッピングで購入する際は、取付工事費用と古いエアコンのリサイクル費用を必ず確認して下さいね。

MSZ-AH2220-W-INの18畳まで対応?

ジャパネットオリジナルのMSZ-AH2220-W-INは主に6畳用となります。

よって18畳用は、MSZ-AH5620S-W-INを選んだ方が良いでしょう。

以下にジャパネットモデルと市販品の型番で、簡単な表にまとめましたので参考にして下さい。

主な畳用数 ジャパネット
モデル
市販品 市販品
2020年度
モデル
2021年度
モデル
2020年度
モデル
6畳用 MSZ-AH2220
-W-IN
MSZ-R2221 MSZ-R2220
8畳用 MSZ-AH2520
-W-IN
MSZ-R2521 MSZ-R2520
10畳用 MSZ-AH2820
-W-IN
MSZ-R2821 MSZ-R2820
14畳用 MSZ-AH4020S
-W-IN
MSZ-R4021S MSZ-R4020S
18畳用 MSZ-AH5620S
-W-IN
MSZ-R5621S MSZ-R5620S

 

 

 

楽天市場やYahoo!ショッピングで購入する際は、取付工事費用と古いエアコンのリサイクル費用を必ず確認して下さいね。

MSZ-AH2220-W-INのまとめ

MSZ-AH2220-W-INの価格は?18畳まで対応?三菱エアコンAHシリーズを紹介!について、いかがでしたでしょうか。

まとめると

  • 市販の2021年度モデルは高い
  • 2020年度モデルで良ければ、ジャパネットで購入した方が安心かもしれない。
  • MSZ-AH2220-W-INは6畳用なので、18畳用はMSZ-AH5620S-W-INを選んだ方が良い

購入するし際に参考にしていただければ幸いです。

ナギボーイ
以上ナギボーイでした。

あなたにおすすめの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ジャパネット

© 2021 e情報ネット