おすすめ家電

パルスオキシメーター2021年おすすめする日本製は?正確で安いのはどれ?

血液中にどれだけの酸素が含まれているかを測定する医療器具「パルスオキシメーター」。

医療現場では必須ともいえるこのパルスオキシメーターですが、最近では一般家庭向け商品も増えてきています。

ご自宅での健康管理のために購入を考えている人もいるのではないでしょうか。

でも、いざ調べてみるとメーカーも種類も豊富です。

医療器具は精度が命ですから、しっかりと信頼できるものを選びたいですよね。

こちらの記事では、日本製のパルスオキシメータからおすすめを厳然し、それぞれの特徴を分かりやすく紹介しています。

ナギボーイ
ぜひ、ご覧になってみてください!

パルスオキシメーターとは

指先など体に光を透過させることで、動脈血の酸素飽和度(SpO2)を計測できる測定器です。

健康な状態ならば96〜99%が標準値とされており、肺炎などで肺にダメージを受けることによって数値が下がることがあります。

そのため、肺炎重症化の可能性を見つけるツールとして役立ちます。

身体に針を刺す、切るなどの負担をかけずに血液中の酸素の状態を測定できる便利さから、最近では病院やクリニックだけでなく、在宅療養や登山用としても普及しています。

パルスオキシメーターの選び方

パルスオキシメーターは医療器具なので、精度が高いことが何より大切です。

精度を見極めるには、「JISやISOなどの規格に準拠しているかどうか」を一つの基準にするといいでしょう。

巷で出回っているパルスオキシメーターの中には、計測するたびに大きなブレが出たり、病院等で測る数値と比較して明らかに差があるなど、信頼性の低いものも多く出回っているのが事実です。

JISやISOなどの規格は、一定水準の精度を満たしていないと規格の認証は受けられないので、信頼性の高さの目安になります。

パルスオキシメーターの日本製を調べてみた

純粋な日本製パルスオキシメーターというのは、数がかなり限られています。

日本企業のパルスオキシメーターでも製造は中国や台湾でされているものが多く、外国で製造後に日本で検品を行うことで信頼性を確保しているものが多いです。

そのため全て日本製というわけにはいきませんが、精度の高さはもちろん、実際に使っている方の口コミから評価の高いパルスオキシメーターを5つ、ご紹介していきます。

 

◎日本精密測器(NISSEI) 指先クリップ型

出典:日本精密測器株式会社

日本精密測器(NISSEI) 指先クリップ型 パルスオキシメータ

こちらは、日本製のパルスオキシメーターです。

高価ではありますが、日本製にこだわりたい方はこちらがおすすめです。

分類 医療機器
ディスプレイ LED
マルチアングル機能
持ち運び用付属品 あり
保証 1年間
サイズ 横幅35×奥行60×高さ32mm
重量 54g

 

◎TRアンドK マイパル

出典:株式会社TRアンドK

TRアンドK マイパル

東京都庁での導入実績があります。

分類 特定保守管理医療機器
ディスプレイ 有機EL
マルチアングル機能
持ち運び用付属品 あり(ネックストラップ)
保証 1年間
サイズ 長さ約57×幅約27×高さ約31mm
重量 32g(電池含む)
created by Rinker
¥26,730 (2021/10/23 14:28:55時点 楽天市場調べ-詳細)

◎ちゃいなび JUMPER

出典:株式会社ちゃいなび

ちゃいなび JUMPER パルスオキシメーター

・神奈川県と千葉県のコロナ対策本部が採用した実績があります。

・6色の豊富なカラー展開があります。

分類 特定保守管理医療機器
ディスプレイ LED
マルチアングル機能
持ち運び用付属品 あり
保証 半年
サイズ 長さ62.2×幅37.0×高さ33.1mm
重量 42g

 

◎LEADTEK

出典:株式会社アスク

LEADTEK パルスオキシメーター

分類 特定保守管理医療機器
ディスプレイ 有機EL
マルチアングル機能
持ち運び用付属品 あり
保証 1年間
サイズ 長さ67.5×幅37×高さ25mm
重量 約26g(電池を含まず)

‎◎カフベンテック フィンガー

出典:カフベンテック株式会社

カフベンテック フィンガー パルスオキシメーター

分類 医療機器
ディスプレイ -
マルチアングル機能
持ち運び用付属品 あり
保証 -
サイズ 長さ57×幅32×高さ29mm
重量 49g

パルスオキシメーターが正確で安いのはどれ

今回ラインナップしたパルスオキシメーターの中で、最も低価格なのは「カフベンテック」のパルスオキシメーターでした。(税込7,280円)(21年10月現在)

正確性はどう評価するかが難しい所ですが、上記5つのバルスオキシメーターは全て、多くの口コミで

「病院のパルスオキシメーターで測った数値とほぼ同じ数値が毎回でる」

「体調が悪い時とそうでない時で数値を比較したら、ちゃんと差が現れる」

といったように、正確さを高く評価されているものだけを選んでご紹介しているので、どれを選んでも精度に大きな問題はありません。

ですが強いて言えば、

日本製にこだわりたい方

⇨日本精密測器(NISSEI) 

 

信頼できる導入実績にこだわりたい方

⇨TRアンドK(都庁で採用)、ちゃいなび(神奈川県・千葉県コロナ対策本部で採用)

 

がおすすめといった感じです。

パルスオキシメーター2021年おすすめのまとめ

口コミで評価の高いパルスオキシメーターから厳選して特徴をご紹介しました。

ご紹介したパルスオキシメーターは以下の通りです。(21年10月現在)

・日本精密測器(NISSEI) 指先クリップ型 パルスオキシメータ(税込18,500円)

・TRアンドK マイパル(税込26,730円)

・ちゃいなび JUMPER パルスオキシメーター(税込8,300円)

・LEADTEK パルスオキシメーター(税込8,250円)

・カフベンテック フィンガー パルスオキシメーター(税込7,280円) 

ぜひ、購入の際の参考にしてみてください!

あなたにおすすめの記事

-おすすめ家電

© 2021 e情報ネット