おすすめ商品

【比較】防災リュックBRS-33とYBG-30の違いは?サイズ・中身・価格を調査!最強はどっち?

こんにちは、ナギボーイです。

何かあった時のために、防災グッツは常備しておきたいですよね。

でも、せっかく食料品を買っておいても出番なく消費期限が過ぎてしまったり、収納スペースも圧迫するしで、モヤモヤした経験はありませんか?

防災グッツくらいは置いてないといざという時に困るけど、保管場所も予算もコンパクトにおさめたい。

そんな方は、本当に必要なものを厳選したコンパクトな防災セット、

・BRS-33(アイリスオーヤマ)

・YBG-30(山善)

を検討してみてください!

この記事では、おすすめの防災セット2つについて、その特徴を分かりやすく比較しながらご紹介しています。

ナギボーイ
ぜひ、参考にしてみてください。

 

防災リュックBRS-33の特徴(アイリスオーヤマ)

リュックのカラーは、「ブラック・グレー」の2色展開。

リュックには、十字型の反射板がついているので、暗い中でも目立つ配慮がされています。

口コミとして多かったのは、

「中身が満タンに詰まっているので、自分で買い足したものを入れるスペースがない」

という声でした。

このキットに含まれない食料品や自分で買い足したものは、災害時には別で持ち運ぶ必要があります。

 

防災リュックYBG-30の特徴(山善)

出典:山善公式サイト

こちらは、前述の「BRS-33(アイリスオーヤマ)」と比較して、リュックのカラー展開が異なります。

YBG-30(山善)の場合は、「ブラック・レッド」の2色展開。

モノトーンよりもっと目立つ色がいい、という場合は山善のレッドがいいでしょう。

また、前述のBRS-33(アイリスオーヤマ)でも紹介した、

  • リュックに反射板がついている
  • 買い足したものを入れる余剰スペースがない

の2点についてはYBG-30(山善)も同様です。

「最低限必要なものを、できる限りコンパクトにまとめた」

というコンセプトが、上記2つに共通の特徴と言えるでしょう。

 

防災リュックBRS-33とYBG-30の違いを比較!

ここからは、BRS-33とYBG-30の違いを、

  • サイズ
  • 中身
  • 価格

の3点から比較していきます。

防災リュックBRS-33とYBG-30のサイズを比較

公式サイトによると、リュックのサイズはこのようになっています。

・BRS-33(アイリスオーヤマ) 
幅32cm 奥行き16cm 高さ43cm 重さ2kg

・YBG-30(山善)       
幅32cm 奥行き20cm 高さ40cm 重さ2kg

 

両方とも、女性でも十分に持ち運び可能な大きさ、重さです。

リュックの大きさ・重さについては大きな差はないので、持ち運びのしやすさは変わらないと考えて大丈夫です。

防災リュックBRS-33とYBG-30の中身を比較

防災リュック中の防災用品の数は、このようになっています。

・BRS-33(アイリスオーヤマ)
33点

・YBG-30(山善)
30点

2つの中身のうち、共通している点、違う点について比較してみましょう。

BRS-33・YBG-30共通(28点)

リュックサック 懐中電灯 マスク
アルミホイル ボディタオル 割り箸
まくら 非常用給水バッグ ミニカッターナイフ
大型ポリ袋 ラバー手袋 アルミブランケット
ホイッスル レインポンチョ 携帯用トイレ
歯ブラシ 綿棒 ティッシュペーパー
ペーパートレー プラカップ カトラリーセット
布テープ 2WAYドライバー 小銭入れ袋
EVAサンダル アルミシート ラップ
筆記用具セット

 

BRS-33(アイリスオーヤマ)のみ

圧縮袋 お薬ケース ポーチ
防水スマホ袋 使い捨て下着

 

YBG-30(山善)のみ

PEロープ ライター

 

単純に品数の多さでは、BRS-33(アイリスオーヤマ)が3点多いですが、

実際には中身を見て、自分に必要そうなものを選んだ方が良いでしょう。

防災リュックBRS-33とYBG-30の価格を比較

各公式サイトによれば、価格はこのようになっています。

・BRS-33(アイリスオーヤマ)
税込3,780円

・YBG-30(山善)
税込3,980円

BRS-33(アイリスオーヤマ)の方が、200円安いです。

価格も大きな差はないですね。

 

防災リュックBRS-33とYBG-30最強はどっち?

 

結論、実用性、価格とも大きな違いはないと言えます。

両者とも被災時に必要最低限のものは揃っていますし、リュックの大きさや重さなどもほぼ同じなので、持ち運びやすさも大きく変わりません。

違う点としては、リュックのカラーです。

・BRS-33(アイリスオーヤマ) ブラック、グレー の2色展開

・YBG-30(山善)       ブラック、レッド の2色展開

カラーの好みは人それぞれですが、例えば「被災時は目立つような色がいい」という方は、YBG-30(山善)の「レッド」がおすすめですね。

 

防災リュックBRS-33とYBG-30比較まとめ

比較の結果をまとめると、

・サイズ

⇨ほぼ同じ。持ち運びやすさに大きな差はない。

・中身

⇨2つとも最低限のものは揃っているが、

BRS-33(アイリスオーヤマ)の方が品数は若干多い。

・価格

⇨BRS-33(アイリスオーヤマ)の方が200円安い。

といった感じになります。

この2点なら、リュックのカラーの違いが比較ポイントになりそうですね。

防災グッツは使う時が来ないのが一番ですが、備えあれば憂いなしです。

ぜひ、購入の際の参考にしてみてください。

ナギボーイ
以上ナギボーイでした。

 

 

あなたにおすすめの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ナギボーイ

生活を便利にする家電、トレンド、サービス、グッズなどをまとめて皆さんにお役に立てるように情報発信していきますのでよろしくお願いします。

-おすすめ商品

© 2021 e情報ネット