おすすめ商品

e-sodaの口コミは?ガスシリンダーの送料はかかるの?炭酸ドリンクメーカーを紹介

こんにちは、ナギボーイです。

自宅でハイボールを作ったり、好きなジュースを炭酸にして楽しめる、そんなドリンクメーカーをお探しですよね。

お酒を割る用に炭酸水のペットボトルを箱買いしておくと、置き場所もとられるし、飲むたびにペットボトルのゴミも出たりと面倒なポイントも多くてうんざりします。

ボトルを開けて飲み切れずに数日置いたら炭酸が薄くなってしまった、なんてこともありますよね。

そんな方には、好きな飲み物に好きな強さで炭酸を注入できる炭酸ドリンクメーカー、「e-soda(イーソーダ)」がおすすめです!

この記事では、ソーダメーカー「e-soda(イーソーダ)」のメリットやデメリット、口コミや送料などについて、わかりやすく解説しています。

ナギボーイ
ぜひ、目を通してみてくださいね。



e-sodaの特徴

出典:e-soda公式サイト

e-sodaは、自宅で簡単に炭酸水が作れるドリンクメーカーです。

ソーダメーカーには色々な種類がありますが、その中でも「e-soda」のオススメポイントについて、ご紹介していきます。

◎メリット

なんでも好きな飲み物を炭酸にできる

出典:e-soda公式サイト

出典:e-soda公式サイト

e-sodaの1番のメリットは、水以外の飲み物にも炭酸を注入できる点。

他のソーダメーカーは、水にしか対応していないものも多いんです。

ワインやフレッシュジュースなど、好きなものを炭酸化できるので、楽しみ方が広がりますし、気が抜けてしまった炭酸飲料に炭酸を入れ直すことも可能です。

 

スタイリッシュで軽量なボディ

出典:e-soda公式サイト

本体重量は443gと軽量なのも、e-sodaならではの特徴です。

満タンのガスシリンダー装着時は合計853gと、片手で簡単に持ち上げられる軽さ。

これは、他社製品の人気機種、

  • ドリンクメイト(1600g)
  • ソーダストリーム(1100g)(※Spiritタイプ)等

と比較しても、とても軽いです。

全体的にスリムでコンパクトな設計なので、キッチンなどスペースに余裕のない方に、e-sodaはおすすめです。

 

好みの炭酸の強さに調節できる

強めの炭酸が好きであれば、プッシュを数秒長めにするだけ。

完全手動なので、自由に調節が可能です。

e-sodaの使い方動画はこちら。


 

\電源不要の炭酸水メーカー【e-soda】/

e-sodaの詳細はコチラ

e-sodaの公式HPはコチラ


デメリットも紹介します。

◎デメリット

炭酸強度の微調整が難しい

e-sodaの場合、炭酸強度の調整は完全手動なので、自由度が高い反面、炭酸強度を一定に保つのが難しいという難点があります。

参考までに、他社製品の「ドリンクメイト」は炭酸強度を4段階から選ぶ形なので、強度は一定に保たれます。

・手動=炭酸強度の自由度は高いが、安定しにくい

・自動=選べる炭酸強度は限られるが、自動なので一定に保てる

一長一短と行ったところですね。

 

e-sodaの口コミは?

 

SNSや通販の商品レビューで口コミを調べてみると、「ガスシリンダー1本で60Lも作れなかった」という不満の声が多くありました。

具体的には、

「メーカーの目安「1回2秒」の注入では炭酸をほとんど感じない」

「好みの強さになるまでしっかり注入してたら、15L程度でガスが切れた」

といった内容も見られました。

ソーダメーカーの利点の1つは、「ペットボトルを買うよりも割安なこと」ですが、結局ガスシリンダーをたくさん買うことになるのでは、ペットボトルを買うのと変わらないのでは?という気もしますね。

 

e-sodaのガスシリンダー送料はかかるの?

ガスシリンダー送料は以下のようになっています。

地域 送料(税込)
本州、四国、九州 550円
北海道 880円
沖縄・一部離島 2,310円

※税込5,000円以上で送料無料になります。

また、

  • 初回   ⇨販売用シリンダー(税込3,672円)
  • 2回目以降 ⇨交換用シリンダー(税込2,160円)

を注文する必要があります。

交換用シリンダーを注文の際は、手元にある「空になったシリンダーの本数分」のみ注文可能です。

送料を無料にしたいのであれば、1回の注文で3本まとめて注文するのがいいですね。

 

e-soda炭酸ドリンクメーカーのまとめ

e-sodaの口コミは?ガスシリンダーの送料はかかるの?炭酸ドリンクメーカーを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

特徴をまとめると、

◎メリット

  1. お酒、ジュースなど好きな飲み物を炭酸にできる。気の抜けた炭酸の復活も可能。
  2. スタイリッシュでコンパクトな軽量ボディ。
  3. 完全手動だから、好みの炭酸の強さに調節できる。

◎デメリット

  1. 炭酸の強さを一定に保つのが難しい
  2. 炭酸強めが好きな方は、ガスが早くなくなる

e-sodaは、いろいろな飲み物を炭酸にして楽しみたい方、ソーダメーカーにスペースをさく余裕がない方におすすめです。

ぜひ、購入の際は参考にしてみてください!

ナギボーイ
以上ナギボーイでした。

\電源不要の炭酸水メーカー【e-soda】/

e-sodaの詳細はコチラ

e-sodaの公式HPはコチラ

あなたにおすすめの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ナギボーイ

生活を便利にする家電、トレンド、サービス、グッズなどをまとめて皆さんにお役に立てるように情報発信していきますのでよろしくお願いします。

-おすすめ商品

© 2021 e情報ネット