おすすめ家電

IJDC-K80とKIJDC-K80の違いは?アイリスオーヤマサーキュレーター除湿機の比較!

雨の日は外に洗濯物が干せませんよね。

でも部屋干しすると「せっかく洗った洗濯物から不快な部屋干し臭がする…」「なかなか乾かずに部屋がジメジメする…」

そんな部屋干しに関する悩みを解決してくれるのがアイリスオーヤマサーキュレーター除湿機です。

今回はアイリスオーヤマサーキュレーター除湿機「IJDC-K80」「KIJDC-K80」についてご紹介します。

この記事では、それぞれの特徴と違いをご紹介しますので、購入の際の参考にしてみてください。

 

IJDC-K80の特徴

主な特徴

スピード乾燥可能

IJDC-K80は、サ-キュレーターの力強い送風機能とデシカント式の強力な除湿機能の組み合わせで、部屋干しした洗濯物をスピード乾燥できます。

デカント式とは

製品内部の乾燥剤に水分を吸着させることにより、お部屋の空気の水分を取り除きます。

水の吸着と放出に優れた多孔質乾燥剤を用いて空気中の水分を吸着させ、ヒーターの熱により乾燥した空気を吹出します。

吸着した水分は、熱交換器で水滴となってタンクにたまります。

IJDC-K80は、サーキュレーターの風で洗濯物を乾かしながら、部屋の湿気を吸収し、乾いた空気を送り出すので、部屋干しの洗濯物を自然乾燥するときと比較して約8分の1の時間で乾燥させることができます。

 

大容量タンク

IJDC-K80は、排水タンクの容量は3.5Lの大容量。

4人家族の洗濯物を部屋干しでしっかり乾かしても満水にならない容量です。

また、排水タンクは持ち手が付いていて持ち運びやすいので、大容量ながら排水も簡単にできるタンクとなっています。

満水ランプ機能が搭載されており、タンクが満水になるとランプで知らせてくれ、自動で運転を停止します。

 

風の向きや角度調整可能

IJDC-K80は、上下方向に最大90°の角度調整機能、左右方向には50°、70°、90°の選べる3段階の首振り機能が搭載されており、干している洗濯物に合わせて効率よく風を当てて乾かすことができます。

素早く乾かせるので、不快な部屋干し臭部屋のジメジメした湿気抑えられます。

 

夜も使える静音性

IJDC-K80は、34dBの運転音で静音性にも優れています。

34dBは、図書館よりも静かな状態です。

この優れた静音性により、夜間の運転も可能なので、寝ている間に部屋干しした洗濯物をしっかりと乾かすことができます。

2、4、8時間の切タイマー機能も付いているので安心です。

 

安全機能も搭載

IJDC-K80は、安全機能もしっかりと搭載されています。

本体内に異常な温度を検知した場合は、自動で運転を停止します。

また、本体に振動や傾きを検知した場合自動で運転を停止します。

これらの安全機能で安心して使用することができます。

 

スペック

サイズ 幅33.4cm×
奥行28.5cm×
高さ73.9cm
重量 11.5kg
電源 AC100V、50/60Hz
電源コード長さ 約2m
消費電力 720W
定格除湿能力 8.0L/日
水タンク容量 約3.5L
除湿可能面積の目安 木造:10畳

プレハブ:15畳

鉄筋コンクリート:20畳

首振りモード 50°・70°・90°
強さ選択 サーキュレーター:弱・中・強

除湿:弱・中・強

切タイマー 2・4・8時間

 

 

KIJDC-K80の特徴

主な特徴

スピード乾燥可能

IJDC-K80と同様にKIJDC-K80はサ-キュレーターの力強い送風機能とデシカント式の強力な除湿機能の組み合わせで、部屋干しした洗濯物をスピード乾燥できます。

KIJDC-K80はサーキュレーターの風で洗濯物を乾かしながら、部屋の湿気を吸収し、乾いた空気を送り出すので、部屋干しの洗濯物を自然乾燥するときと比較して約8分の1の時間で乾燥させることができます。

 

大容量タンク

IJDC-K80と同様にKIJDC-K80は排水タンクの容量は3.5Lの大容量

4人家族の洗濯物を部屋干しでしっかり乾かしても満水にならない容量です。

また、排水タンクは持ち手が付いていて持ち運びやすいので、大容量ながら排水も簡単にできるタンクとなっています。

満水ランプ機能が搭載されており、タンクが満水になるとランプで知らせてくれ、自動で運転を停止します。

 

風の向きや角度調整可能

IJDC-K80と同様にKIJDC-K80は上下方向に最大90°の角度調整機能、左右方向には50°、70°、90°の選べる3段階の首振り機能が搭載されており、干している洗濯物に合わせて効率よく風を当てて乾かすことができます。

素早く乾かせるので、不快な部屋干し臭や部屋のジメジメした湿気抑えられます。

 

夜も使える静音性

IJDC-K80と同様にKIJDC-K8034dBの運転音で静音性にも優れています。

34dBは、図書館よりも静かな状態です。

この優れた静音性により、夜間の運転も可能なので、寝ている間に部屋干しした洗濯物をしっかりと乾かすことができます。

2、4、8時間の切タイマー機能も付いているので安心です。

 

安全機能も搭載

IJDC-K80と同様にKIJDC-K80は安全機能もしっかりと搭載されています。

本体内に異常な温度を検知した場合は、自動で運転を停止します。

また、本体に振動や傾きを検知した場合自動で運転を停止します。

これらの安全機能で安心して使用することができます。

 

おまかせ運転モード搭載

KIJDC-K80は、除湿機能におまかせ運転モードが搭載されています。

おまかせ運転モードは、部屋の湿度が55%以上になった場合に自動で除湿を行う機能です。

湿度は40%以下では乾燥状態、60%以上ではカビやダニが発生する状態となるので、40%~60%の湿度を保つのがよいとされています。

 

スペック

サイズ 幅33.4cm×
奥行28.5cm×
高さ73.9cm
重量 11.5kg
電源 AC100V、50/60Hz
電源コード長さ 約2m
消費電力 720W
定格除湿能力 8.0L/日
水タンク容量 約3.5L
除湿可能面積の目安 木造:10畳

プレハブ:15畳

鉄筋コンクリート:20畳

首振りモード 50°・70°・90°
強さ選択 サーキュレーター:弱・中・強

除湿:弱・強・おまかせ

切タイマー 2・4・8時間

 

IJDC-K80とKIJDC-K80の違いは?

IJDC-K80とKIJDC-K80の違いは次の3つです。

①カラー

②除湿の強さ選択

③価格

この3つ以外に大きな差はなく、IJDC-K80とKIJDC-K80は同様の機能を持っています。

IJDC-K80とKIJDC-K80の比較表

IJDC-K80 KIJDC-K80
サイズ 幅33.4cm×
奥行28.5cm×
高さ73.9cm
幅33.4cm×
奥行28.5cm×
高さ73.9cm
重量 11.5kg 11.5kg
電源 AC100V、50/60Hz AC100V、50/60Hz
電源コード長さ 約2m 約2m
消費電力 720W 720W
定格除湿能力 8.0L/日 8.0L/日
水タンク容量 約3.5L 約3.5L
除湿可能面積 木造:10畳

プレハブ:15畳

鉄筋コンクリート:20畳

木造:10畳

プレハブ:15畳

鉄筋コンクリート:20畳

首振りモード 50°・70°・90° 50°・70°・90°
強さ選択 サーキュレーター:弱・中・強

除湿:弱・中・

サーキュレーター:弱・中・強

除湿:弱・強・おまかせ

切タイマー 2・4・8時間 2・4・8時間
カラー ホワイト シャンパンゴールド
販売価格
(アイリスプラザ)
¥29,800(税込) ¥36,080(税込)

 

IJDC-K80とKIJDC-K80の比較のまとめ

IJDC-K80とKIJDC-K80の違い

①カラー

②除湿の強さ選択

③価格

アイリスオーヤマサーキュレーター除湿機は、サーキュレーターの力強い風と除湿器の組み合わせで、部屋干しの洗濯物を素早くカラッと乾燥させることができます。

気になる部屋干し臭も抑え、部屋の湿気も吸収してくれるので、天気の悪い日でも快適な環境で過ごせます。

今回比較したIJDC-K80とKIJDC-K80はどちらも充実した機能を備えています。

KIJDC-K80はおまかせ除湿機能が付いているので、部屋の湿度を感知し、適度に除湿してくれます。

アイリスオーヤマサーキュレーター除湿機で部屋干しの洗濯物を素早く乾燥させましょう!

 

あなたにおすすめの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ナギボーイ

生活を便利にする家電、トレンド、サービス、グッズなどをまとめて皆さんにお役に立てるように情報発信していきますのでよろしくお願いします。

-おすすめ家電

© 2021 e情報ネット