ジャパネット

MRO-JT230の口コミは?トーストは焼ける?レシピを紹介!ジャパネットモデル日立「ヘルシーシェフ」

こんにちは、ナギボーイです。

「毎日料理をするのが大変…」

「時間も手間もかかってしまう…」

そんな悩みを解決してくれるのが、今回ご紹介するオーブンレンジ「ジャパネットモデル日立ヘルシーシェフMRO-JT230」です。

日立ヘルシーシェフMRO-JT230は31種類ものオートメニュー機能を装備し、幅広い調理ができるオーブンレンジです。

1台あるだけで料理のレバートリーが広がります。

この記事では、日立ヘルシーシェフMRO-JT230の口コミやおすすめレシピなどをたっぷりとご紹介します。

 

日立ヘルシーシェフMRO-JT230の口コミを紹介

良い点

操作が簡単なので家族も気軽に使えます。大きさもちょうど良く、いろんな調理ができるので、レパ-トリ-を増やしていきたいと思います。

引用:ジャパネット公式サイト

 

比較的小型で操作が簡単そうだったので購入しました。音も小さく操作が簡単でした。

引用:ジャパネット公式サイト

 

実際に日立ヘルシーシェフMRO-JT230を使用しているユーザーは、簡単操作・大きすぎないサイズ・静音性・幅広い料理ができる点などに満足しているようです。

さまざまな調理ができるので、これ一つで料理のレパートリーが増えるのは嬉しい点です。

さらに操作も簡単なので、子供から高齢者まで幅広い世代の人が使いやすいように配慮されています。

豊富な機能を搭載しているにも関わらず、大きすぎないサイズで置き場に困ることもないのもユーザーの満足感につながっています。

 

不満点

視認性の向上のためドア開閉時のランプ、操作パネルの表示ランプの点灯がほしい。

引用:ジャパネット公式サイト

 

日立ヘルシーシェフMRO-JT230は、ドア開閉時のランプや、操作パネルの表示ランプ点灯がありません。

このような点を少し不便だと感じている人もいるようです。

しかし、多くの人が豊富な便利機能に満足しており、口コミの総合評価も4.28と非常に高かったので、使用してみると大きな満足感を得られる商品だといえます。

 

日立ヘルシーシェフMRO-JT230はトーストを焼けるのか

日立ヘルシーシェフMRO-JT230は、トーストを焼くこともできます。

「28 トースト(裏返し)」モードで、厚さ1.5〜3cmの6枚切り食パンを最大2枚まで焼けます。

焼き加減を5段階で調整することもできるので、好みの焼き加減で食パンを焼けます。

厚いパンは濃く焼けやすいので、焼き上がり調整を”弱”もしくは”やや弱”にすることでおいしく焼き上がります。

焼き方の手順は以下のとおりです。

<「28 トースト(裏返し)」モードでのトーストの焼き方>

①食パンを黒皿の中央に並べ、上段にセットする。

②”おかず・スイーツ”ボタンを押して“28 トースト(裏返し)”モードを選択

③”あたためスタート”ボタンを押してスタートする

④裏返しのタイミングを音で知らせてくれるので、ドアを開け、食パンを裏返す

⑤再び”あたためスタート”ボタンを押す

ナギボーイ
他にも、グリル機能を使えば、4枚切りや8枚切りの食パンも焼き加減を見ながら焼くことができます。

 

日立ヘルシーシェフMRO-JT230のレシピをいくつか紹介

日立ヘルシーシェフMRO-JT230で作れるおすすめレシピを2つご紹介します。

ここで紹介するレシピ以外にも蒸し物や魚料理、スイーツなどさまざまな料理が作れます。

焼きそば

<材料(2人分)>

・焼きそば用めん 2袋
(ソースつき、1袋150gの物)

・野菜ミックス  250g

・豚薄切り肉 50g
(ひとくち大に切る)

・塩、こしょう 各少々

 

<作り方>

①深さのある陶磁器や耐熱皿に野菜ミックスの1/2量、めん、豚肉の順に入れる。

②①にソース、塩、こしょうをし、残りの野菜をのせてふんわりとラップをする。

③②をテーブルプレートの中央に置き”おかず・スイーツ”ボタンで”23 焼きそば”を選択し、加熱する。

④加熱が足りなかった場合は、”レンジ500W”で様子を見ながら適度に加熱する。

引用:日立公式サイト

型抜きクッキー

<材料(30個分)>

・小麦粉(薄力粉)          110g

・バター(室温に戻す)     50g

・砂糖              40g

・卵(溶きほぐす)           1/2個

・バニラエッセンス         少々

 

<作り方>

①バターはハンドミキサーで白っぽくなるまでよくねり、砂糖を加えて、さらによく混ぜる。

②卵を加えてクリーム状になるまでよく混ぜ、バニラエッセンスを加えて混ぜる。

③小麦粉をふるいながら加え、木しゃもじでさっくりと混ぜる。ひとつにまとめてラップで包み、

冷蔵室で約1時間休ませる。

④生地をラップの間に挟み、めん棒で5mmの厚さにのばす。

⑤上のラップを外し、直径3cmの型で抜き、アルミホイルを敷いた黒皿に並べる。

⑥⑤を上段に入れ”おかず・スイーツ”ボタンで”27 型抜きクッキー”を選択し、加熱する。

引用:日立公式サイト

 

日立ヘルシーシェフMRO-JT230のまとめ

日立ヘルシーシェフMRO-JT230は、豊富な機能で幅広い調理ができるオーブンレンジです。

簡単なボタン操作で焼き物から蒸し物、スイーツやパンに至るまでさまざまな料理が作れるので、レパートリーが増え、料理が楽しくなります。

豊富な機能を備えつつ、大きすぎないサイズ感なので、キッチンに1つあれば毎日の料理の強い味方になってくれます。

ぜひ、日立ヘルシーシェフMRO-JT230でさまざまなおいしい料理を味わってみてはいかがでしょうか。

購入する際に参考にしていただければ幸いです。

ナギボーイ
以上ナギボーイでした。

あなたにおすすめの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ナギボーイ

生活を便利にする家電、トレンド、サービス、グッズなどをまとめて皆さんにお役に立てるように情報発信していきますのでよろしくお願いします。

-ジャパネット

© 2021 e情報ネット