おすすめ家電

WF-1000XM4のレビュー・おすすめ設定・iPhoneとの相性はいい?

イヤホンを選ぶ時は音質の良さやノイズキャンセリング機能の有無などの本体機能はもちろん、オーディオデバイスとの相性も大切です。

今回紹介するのは、SONYから2021年春に発売になったイヤホン「WF-1000XM4」です。

この記事では、「WF-1000XM4」の特徴やおすすめ設定、iPhoneとの相性はどうなのかについてご紹介していきます。

ナギボーイ
SONY「WF-1000XM4」を購入前に是非チェックして下さい

WF-1000XM4の特徴

WF-1000XM4の特徴についてご紹介していきます。

業界最高クラスの
ノイズキャンセル機能

ノイズをより的確にとらえる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」の搭載により、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現。

このため、前モデル「WF-1000XM3」と比較して、高音域から低音域までのより広い範囲において騒音に対してのノイズキャンセリング性能が向上しています。

ノイズキャンセリング機能は必要ないときにはオフにできるのはもちろん、「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も搭載によりイヤホンをつけたまま周囲の音をはっきりと拾うこともできます。

ハイレゾ高質完全ワイヤレス

WF-1000XM4は、LDACコーデックに対応しています。

LDACコーデックとは

ソニーによって開発された音声圧縮コーデックである。

Bluetoothの音質や遅延等に関係する伝送規格の1つであるLDACは、従来技術の約3倍のデータ量の送信を可能とし、ハイレゾ音源を高い音質を保ったまま伝送できます。

WF-1000XM4のレビュー・口コミを紹介

「WF-1000XM4」口コミを調べてみると、ノイズキャンセル機能を絶賛する声が多数でした。

業界トップクラスのノイズキャンセル性能は、移動中の電車の中でもなどでも音楽に没頭したいという方にはぴったりです。

ワイヤレスイヤホンでは気になりがちな音ズレについても、「WF-1000XM4」では発生しにくいようです。

 

WF-1000XM4のおすすめ設定とは?

イコライザーは「Relaxed」や「Bass Boost」など8種類のプリセットから選択できます。

また個別に調整して自分好みの音質で音楽を楽しむこともできます。

自分好みのイコライザー設定を探してみるのも面白いかもしれませんね。

ここでは、調査した中からおすすめのイコライザー設定の一例をご紹介します。

パターン①

400Hz:+10、1k:+9、2.5k:+7、6.3k:+5、15.6k:-4
CLEAR BASS:+9

低音の響きが重厚になって臨場感が上がる。

パターン②

400Hz:+6、1k:+5、2.5k:+6、6.3k:+10、15.6k:+8
CLEAR BASS:お好みで

重低音が主張しすぎずに全体がバランス良く音圧アップして音がくっきり聴こえるようになる。

ナギボーイ
気になる方は試してみてください!

WF-1000XM4とiPhoneとの相性は?

Bluetoothに対応しているので基本的にはiPhoneでも問題なく使用できます。

ノイズキャンセリング機能やイヤホン着脱による音楽の自動再生・停止機能はもちろん、専用アプリ「Headphones Connect」を使えばイコライザーなど詳細な設定も可能です。

しかし、iPhoneは「WF-1000XM4」の特徴の1つである「LDACコーデック」には非対応です。

ハイレゾ音質を楽しみたい方は、オーディオプレーヤーがLDAC対応かどうかを事前に確認しましょう。

 

WF-1000XM4のまとめ

 

SONYのイヤホン「WF-1000XM4」についてご紹介しました。

業界最高レベルのノイズキャンセリング機能とLDACコーデックに対応による高質な音楽体験が可能です。

実際の口コミでも、ノイズキャンセリングの効果の高さや高音質、低遅延を実感する声が多数

iPhoneでも問題なく使用できますが、LDACコーデックには非対応なのでご注意ください。

ぜひ、購入の際の参考にしてみてください!

あなたにおすすめの記事

-おすすめ家電

© 2021 e情報ネット