おすすめ家電

BN-RK600とBN-RB62-Cの違いは?価格やレビューを調査!ポータブル電源

この記事は、『KENWOOD』のポータブル電源に関する内容です。

具体的には、以下のことがわかります。

  • BN-RK600ってどんな商品?
  • BN-RK600とBN-RB62-Cの違い
  • BN-RK600とBN-RB62-Cの価格
  • 購入者の声

同じメーカーから出されている商品で、似たような商品はよくあります。

BN-RK600とBN-RB62-Cは型番が違うけどどこが違うの?って思いますよね。

この記事で解決するのは、そんな疑問。

ではさっそく紹介でいきます。

BN-RK600の特徴

 

商品について

型番:BN-RK600

商品:ポータブル電源

価格:74,800円(税込) / 公式オンラインストア 価格

時間や場所にとらわれない、自分スタイルを愉しむために。」がキャッチフレーズのこの商品。

電源が欲しい、ざまざまな場面でこのポータブル電源は活躍。

BN-RK600の特徴としては、

  • コンパクトなハンドル折りたたみ式
  • 便利なポーチ付き
  • 簡単3ステップの使いやすさ
  • 3WAY電源&出力500Wでさまざまな電化製品に対応
  • ポータブルソーラーパネル対応(別売)

コンパクトなハンドル折りたたみ式

 

持ち運びには必須。

ハンドルがついていて、楽に運ぶことができます。

さらにハンドルを折りたためます。

車の中に収納しやすく、コンパクト。

便利なポーチ付き

 

専用のポーチ付き。

意外とちょうどいいサイズ感の入れ物がなくて、持ち運びに困るものってありませんか?

付属品の専用ポーチが付いています。

専用のポーチがあれば、ジャストサイズで入れられます。ちょっとした便利さが◎。

簡単3ステップの使いやすさ

あらかじめ充電しておくだけですぐに使えます。

①充電しておく

②使いたい出力のボタンをおす

③充電したい端末のコードをさす

 

3WAY電源&出力500Wでさまざまな電化製品に対応

電源は3種類を搭載

  • DC出力(シガーソケット)
  • USB出力(Aタイプ)
  • AC出力(コンセントタイプ)

出力500W(ピーク1000W)なので、スマホやPCの充電から、冬キャンプの電気毛布まで幅広く使えます。

ポータブルソーラーパネル対応(別売)

これがあれば、まさに鬼に金棒。

ただでさえ大容量を確保できるのに、野外でさらに充電可。

備えがないと、不安って方にはこれをおすすめ。

実際、緊急時にこれがあるのとないのとでは大きく違いますよね。

別売りで、それなりの値段がしますが、「安心を買える」と思えば安いです。

しかも、このソーラーパネルに直接つなげれば、スマートフォン充電やUSB機器への給電が可能です!

 

BN-RK600とBN-RB62-Cの違いは?

BN-RK600

BN-RB62-C

この2つの商品は、性能は同じ商品です。

けれどなぜか型番異なります。

しかし2つの商品の違いは、明確。

  • デザイン
  • 表記言語
  • ブランド

まずデザイン

色が統一感のあるブラックが、BN-RK600

ゴールドなカラーで高級感のあるのが、BN-RB62-C

次に表記言語

クールな英語表記なのが、BN-RK600

わかりやすい日本語表記なのが、BN-RB62-C

最後にブランド

実はこれが大きな違い。

性能はほぼ同じ、カラーや表示言語が違うだけ。

ではなぜ型番が違うのか?

『前に出ているブランドの違い』

この2つの商品は、JVC KENWOODの商品です。

しかしこの会社はもともと、JVC(日本ビクター)KENWOODは別々。

なので前に出ているブランドで、型番も分けているということです。

その証拠に、本体に表記されているロゴが異なります。

型番 BN-RK600 BN-RB62-C
デザイン 黒一色 黒×ゴールド
表記言語 英語 日本語
ブランドロゴ KENWOOD JVC(日本ビクター)

 

BN-RK600とBN-RB62-Cの価格は?

オンラインストアでは同価格。

アマゾンや楽天市場で購入する場合、BN-RB62-Cのほうがやや高め。

型番 BN-RK600 BN-RB62-C
公式HP価格 74,800円 74,800円
アマゾン 62,859円 67,980円
(中古品)
楽天市場 63,500円 63,490円
Yahoo!ショッピング 63,500円 64,290円

 

 

BN-RK600のレビュー

購入者レビューをまとめました。

実際に使用した人の声は、何よりも参考になります。

ここには良し悪しが存在しますが、それは知っておくべき。

(性能が同じなので、BN-RB62-Cのレビューも含む)

星5のレビュー

防災用として購入しました。北海道は特に冬の停電が心配です。最初40%位でしたが、5時間で99%になりました。何もないのが一番ですが、普段から使い慣れておこうと思います。

いざという時に使え慣れておいた方が良いですね。

ナギボーイ
そうなると日本語表記のJVC「BN-RB62-C」が良いかもしれません。

星5のレビュー

わたしの場合は非常用として購入しました。

半身不随で車椅子生活、日中もベッドにいることが多く、停電時は起き上がることができません。

起き上がった状態であれば寝ることもできなくなります。充電後、早速試運転、ベッドもテレビも大丈夫でした。

出番がなければそれでいいのですが… これで安心です!

ナギボーイ
事前に備えておけば安心です!

星5のレビュー

冬キャンプ用に購入し、早速年末のキャンプに持っていきました。

主に電気毛布に使いましたが、朝まだまだ40%残ってました。

しっかりした日本のメーカーでた安心です

ナギボーイ
安心の日本メーカーです!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ママちゃん(@mau.mam.s110)がシェアした投稿

BN-RK600のまとめ

最後にまとめです。

BN-RK600 とBN-RB62-Cの違いは3つ。

  • デザイン
  • 表記言語
  • ブランド

でした。

外観以外にも、メーカー側の歴史や会社の経緯で異なる点が発見されました。

他にも同じ性能を持ちながら、違う商品として発売されているものは多々あり。

価格は、BN-RK600の方が比較的安価

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでは、値段の上下がシーズンによってあります。

今すぐ購入予定でない方は少し様子見もいいかもしれません。

ポータブル電源はこれから注目となってくる商品。

ワーケーションや、災害時にも役立つのでぜひ一台持っておくと安心です。

 

 

あなたにおすすめの記事

-おすすめ家電

© 2022 e情報ネット