お役立ち情報

マイナポイントをペイペイで受取る方法は?4つのステップでわかりやすく解説!

マイナポイントをペイペイで受取る方法は?4つのステップで詳しく解説!

マイナポイント(最大20,000円分)をペイペイで受取る方法を4つのステップでわかりやすく解説します!

この記事を読めば

  • マイナポイントをペイペイで受取る方法が画像で確認できる
  • 「チャージでもらう」「支払いでもらう」どっちが良いかわかる
  • PayPayマネーとPayPayマネーライトの違いがわかる
  • マイナポイント最大20,000円分獲得する方法が詳しくわかる
ナギボーイ
マイナポイントはマイナンバーカードを作った人なら誰でも貰えるので、この記事を参考に申し込んでみましょう!申請期限は2023年2月末迄です。

 

マイナポイントをペイペイで受取る方法は?4つのステップでわかりやすく解説!

それでは、マイナポイントをペイペイで受取る方法を実際のキャプチャー画像を共有しながら4つのステップで解説していきたいと思います。

(iPhoneを使用して申請した時の画像になります)

申し込みに必要なもの

  • マイナンバーカード
  • 受取時に設定した暗証番号
  • ペイペイアプリ
  • マイナポイントアプリ←申し込み手続き中にインストールする事も可能
  • マイナポータルアプリ←申し込み手続き中にインストールする事も可能

ステップ1:ペイペイアプリからマイナポイントを申請する

ペイペイのアプリを開き、「マイナポイント」をタップ

PayPayアプリで申し込むをタップ

「上記に同意します」にチェックを入れて「はじめてマイナポイント」を申し込む」をタップ

「チャージでもらう」又は「支払いでもらう」を選択

今回はマイナポイントが即日付与される「チャージでもらう」を選択します。

チャージと支払いはどっちがおすすめ?

マイナポイント「チャージ・決済で25%還元」で最大5,000円分を取得するには…

  • 20,000円チャージ
  • 20,000円支払う

どちらかの対応をしなくてはなりません。

まとめて20,000円支払う予定がない人は、20,000円のチャージがおすすめです!

チャージしたお金は自分のタイミングで少額から使えるので便利です。

「次に進む」をタップ

「マイナポイントアプリを開く」をタップ

※マイナポイントアプリのインストールがまだな方はインストールしましょう。

「申込む」をタップ

「はじめる」をタップ

公的個人認証サービス利用者証明用パスワード(数字4桁)を入力し「OK」をタップ

スマホをマイナンバーカードに乗せてスキャンします。

キャンペーンを選択します。

今回は最大20,000ポイントもらえる下記3つをまとめて申し込みます

  1. マイナンバーカードの新規取得(最大5,000ポイント)
  2. 健康保険証としての利用申込み(7,500ポイント)
  3. 公金受取口座の登録(7,500ポイント)

「3つ選んで次へ」をタップ

利用規約を確認し「同意して次へ」をタップ

健康保険証としての使用にあたって、利用規約を確認し「同意して申込む」をタップ

これで申し込みが完了です!

ナギボーイ
ここまでスクショを撮りながら約15分で手続き完了!スクショを撮らなければもっと早く出来ます。

ステップ2:マイナポイント最大5,000ポイント獲得する

ペイペイのアプリを開き、「マイナポイント」をタップ

チャージ・決済で25%還元を選択し、「チャージ」をタップ

最大5,000ポイント(5,000円相当)を獲得したいので20,000円チャージします。

※チャージするには銀行口座の登録が必要です。

※マイナポイントを獲得する為のチャージはPayPayマネーライト(払い戻し不可)になります。

PayPayマネーとマネーライトの違いは

  • PayPayマネー:本人確認後、PayPay残高にチャージした残高で、チャージ口座への出金(払い戻し)が可能
  • PayPayマネーライト:本人確認なしでPayPay残高にチャージした残高で、チャージ口座への出金(払い戻し)が出来ません

 

これでペイペイにマイナポイント5000円分が付与されました!

ペイペイ残高を更新するとチャージした20,000円と付与されたポイント5,000円分が加算されました!

(元々あった残金1,090円+チャージ20,000円+マイナポイント5,000円=26,090円)

 

獲得したポイントがペイペイ残高に反映されない場合は…

  1. ウォレットをタップ
  2. ポイントを支払いに…「設定を変更する」をタップ
  3. 「支払いに使う」を選択し右上の保存をタップ
ナギボーイ
「ポイントを支払いに使う」に設定すれば、ペイペイ残高に獲得したポイントが反映されます。

 

ステップ3:健康保険証としての利用申し込み7,500ポイントを獲得する

ペイペイのアプリを開き、「マイナポイント」をタップ

健康保険証としての利用申込みを選択

ポイント付与迄まで1~2日かかるとの事なので、翌日以降残高を確認する

(特に別途の手続きは必要ありません。)

 

翌日、ポイントが付与されているか確認

(元々あった残金26,090円+マイナポイント15,000円=41,090円)

ナギボーイ
これで無事、健康保険証としての利用申し込みによるマイナポイント7,500pt獲得出来ました!

 

ステップ4:公金受取口座の登録7,500ポイントを獲得する

ペイペイのアプリを開き、「マイナポイント」をタップ

公金受取口座の登録を選択し、「登録・照会」をタップ

マイナポータルのホームページが開きます。

「利用者登録/ログインして使う」をタップ

利用者登録済みの方は「ログイン」を初めての方は「利用者登録」をタップ

今回は初めてなので「利用者登録」をタップします。

使用する端末を選びます。

今回は「スマートフォン」を選択

マイナンバーカードと公的個人認証サービス利用者証明用パスワード(数字4桁)を用意します。

※マイナポータルアプリのインストールがまだな方はインストールしましょう。

マイナポータルアプリを開き、”給付金等の受取口座を予め登録しておくことができます”の「登録する」をタップ

「利用者登録/ログイン」をタップ

利用者証明用パスワード(数字4桁)を入力し「次へ」をタップ

スマホをマイナンバーカードに乗せて「読み取り開始」をタップ

ログインに成功したら「利用者登録へ進む」をタップ

メールアドレスを入力、利用規約を確認し「利用規約に同意して次へ進む」をタップ

登録したメールアドレスに届いた確認コード(数字6桁)を入力し「確認する」をタップ

内容を確認し、「利用者登録する」をタップ

「口座情報の登録・変更へ」をタップ

氏名・住所等の確認をする為、マイナンバーカードを読み取ります。

「マイナンバーカードを読み取る」をタップ

利用者証明用パスワード(数字4桁)を入力し「次へ」をタップ

スマホをマイナンバーカードに乗せて「読み取り開始」をタップ

マイナンバー(個人番号)、氏名、生年月日、住所を確認し、「確認する」をタップ

給付金等の受取口座を登録します。

「口座情報を登録する」をタップ

「次へ」をタップ

本人情報を入力

氏名カタカナ、電話番号、メールアドレス等を入力し「次へ」をタップ

口座情報を入力

金融機関を選択し支店名、口座番号、口座名義など必要事項を入力

「確認する」をタップ

入力した内容を確認する

入力した内容に間違えがなければ「次へ」をタップ

口座情報登録の同意確認をして「すべての確認事項に同意する」にチェックを入れて「登録する」をタップ

これで口座情報の登録は完了です。

ペイペイにマイナポイントが付与されるのは翌日以降になります。

(追って、マイナポータルから登録完了のメールが届きます。)

 

翌日、ポイントが付与されているか確認

(元々あった残金26,090円+マイナポイント15,000円=41,090円)

ナギボーイ
これで無事、公金受取口座の登録によるマイナポイント7,500pt獲得出来ました!

 

マイナポイントをペイペイで受取る方法のまとめ

今回はマイナポイントをペイペイで受取る方法を4つのステップで解説しました!

  1. ペイペイアプリからマイナポイントを申請する
  2. マイナポイント最大5,000ポイント獲得する
  3. 健康保険証としての利用申し込み7,500ポイントを獲得する
  4. 公金受取口座の登録7,500ポイントを獲得する
マイナポイントの種類 ポイント獲得条件 ポイント獲得までの日数
最大5,000pt
チャージ・決済で25%還元
ペイペイに20,000円チャージ
又は
ペイペイで2万円支払う
チャージ:即日
支払い:30日後
7,500pt
健康保険証としての利用申し込み
マイナポイント申し込みのみ
別途手続き不要
翌日以降
7,500pt
公金受取口座の登録
マイナポータルから公金受取口座の登録が必要 翌日以降

この4つのステップで最大20,000円分のマイナポイントがペイペイで受取ることが出来ます。

ペイペイ残高は使用期限がありませんので、ご自身のタイミングで少額ずつ使えて便利です!

申し込み手続きは難しくありませんが、どっちが良いのか迷う場面も出てくると思います。

そんな時は、ここで紹介した実際のキャプチャー画像を参考にして頂ければ幸いです。

ナギボーイ
今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

-お役立ち情報

© 2023 e情報ネット