アウトドア

【比較】BN-RB62-CとBN-RB6-Cの違いは?価格や評価も徹底比較!

キャンプをしていると、簡単なものでいいから炊飯器を使えれば楽なのに・・・なんて思ったりしませんか?

もちろん、そんな不便さも楽しむのがアウトドアの魅力ですが、慣れてくると暑さだけは和らげたいとか、ご飯だけはもっと簡単に炊きたい、などと考えてしまうものです。

そうした時に役に立つのが、「ポータブル電源」です。

  • ポータブル電源は発電機と違い、動かしている時の音はとても静かです。
  • 燃料が必要なく、排気ガスが出ることもありません。
  • 停電や災害など万が一の時にも、ポータブル電源が1台あると安心です。

今回はそんな「ポータブル電源」から、おすすめの「BN-RB62-C」と「BN-RB6-C」に焦点を当てて、その2つの特徴について比較しながらご紹介していきます。

ナギボーイ
ぜひ、ご覧になってみてください!

BN-RB62-Cの特徴

BN-RB62-C(スタンダードモデル)は、「JVCケンウッド」から発売されている充電式ポータブル電源です。

日本の老舗電機メーカー「JVCケンウッド」と、米国で多数ポータブル電源の販売実績を持つ企業「Jacekry(ジャクリ)」がコラボし共同開発されました。

まずは、スペックからみていきましょう。

充電池タイプ リチウムイオン充電池
充電池容量 174,000mAh/626Wh
最大外形寸法(W×H×D) 300mm×192mm×193mm
質量 6.5kg
ハンドル 折りたたみ
残量表示/入出力W 5段階/数値表示
動作温度 ー10℃~40℃
AC出力 2口 100V/5A・60Hz 500W(瞬間最大1,000W)
USB出力 最大36W DC5V/2.4A USB タイプA×3
DC出力 最大120W DC12V/10A シガーソケット×1
DC12V/7A φ6.5mm DC端子×2
BMS管理項目 過電流、過電圧、温度、短絡保護
充電時間(ACアダプター使用時) 約8.5時間
充電時間(シガーアダプター使用時) 約11時間
充電時間(ソーラーパネルBH-SP100-C使用時) 約13時間
充電時間(ソーラーパネルBH-SP68-C使用時) 約14.5時間
その他同梱品 ACアダプター、電源コード、車載用シガーアダプター、ポーチ

充電池容量は、スマートフォンなら35台分の充電ができます。

しばらく使えるので、災害時なども安心ですね。

  • 家庭の壁にあるACコンセントが2口
  • USBポート(type-A)が3口
  • シガーソケット出力1口
  • DC出力

を備えているので、日常で使う電化製品には対応していると考えて大丈夫です。

ここからは、BN-RB62-Cの特徴についてみていきましょう。

持ち運びやすいハンドル付き

ハンドルがついているので持ち運びは簡単ですし、ハンドルは使わない時には収納できます。

重量は6.5kgと、女性でも持ち運べる重さです。

持ち運びに便利なポーチがついている

付属品としてコード類を収納できるポーチがついています。一式まとめておけて持ち運びにも便利です。

3ステップで簡単に使える

事前の設定は必要ありません。

充電すればすぐに使い始めることができます。

BN-RB6-Cの特徴

BN-RB6-Cは、上述のBN-RB62-Cと同タイプの製品です。

用途、使用方法、付属品の種類などは、基本的にBN-RB62-Cと同じです。

ではいったい2つの違いはなんなのでしょうか。

BN-RB62-CとBN-RB6-Cの違いは?

2つのスペックを比較して違う部分を抜粋して表にしました。

BN-RB62-C
(スタンダードモデル)
BN-RB6-C
(万能モデル)
質量 6.5kg 6.4kg
USB出力 最大36W 最大30W
充電時間
(ACアダプター使用時)
約8.5時間 約9時間
充電時間
(
シガーアダプター使用時)
約11時間 約18時間

これ以外のスペック(寸法、対応出力の種類など)は全て同じです。

 

スペック面でのそれぞれの違いは、つぎの3点です。

  1. BN-RB6-C(万能モデル)の方が、0.1kg軽い
  2. BN-RB62-C(スタンダードモデル)の方が、本体の充電は短時間で済む
  3. BN-RB62-C(スタンダードモデル)の方が、USB出力の最大W数が大きい

 

質量については0.1kg差なので、実際の体感としてはさほど変わらないと考えて良いでしょう。

実質の性能としては後発の「BN-RB62-C(スタンダードモデル)」の方が、

  • ポータブル電源本体の充電が短時間で済む
  • ポータブル電源から、USB接続による充電・給電の効率がいい

という点で優れていることになります。

価格を比較(価格帯を紹介)

BN-RB62-CやBN-RB6-Cのポータブル電源は、決して安価なものではないのですよね。

少しでも安く手に入れたいものです。

そこで現時点(21年10月2日現在)での価格を徹底的に調査しました。

ショッピングサイト BN-RB62-C
(スタンダードモデル)
BN-RB6-C
(万能モデル)
Amazon ¥62,800 ¥66,450
楽天市場 ¥61,800 ¥56,800
Yahoo!ショッピング ¥59,800 ¥55,790

基本的には、BN-RB62-C(スタンダードモデル)の方が高いですね。

Amazonでは安く販売されていましたが、残り1点となっていたので期間限定価格なのかもしれません。

値段は少し上がりますが、充電効率を重視するなら「BN-RB62-C(スタンダードモデル)」がおすすめです。

\BN-RB62-Cの最新価格をチェック/

 

\BN-RB6-C-の最新価格をチェック/

 

評価を比較(口コミを紹介)

 

まずは、BN-RB62-C(スタンダードモデル)のクチコミからご紹介します。

2021年5月の発売から日が浅いので口コミ自体が少なめですが、使用した方からは好評なようでした。

・車中泊の電気毛布、スマホの充電に使ったが全く問題なく快適に使えた。

・国内メーカーJVCケンウッドが販売している安心感がある。家の中でも使いやすい。

といった声がありました。

 

一方の、BN-RB6-C(万能モデル)の口コミも同様に好評な内容が多かったです。

マイナスな口コミとしてあったのは、「実際の使用感に問題はない」ものの、

・「made in china」なのが残念だった。

という声でした。

気になる方もいるかもしれませんが、出荷されている製品は日本のJVCケンウッドで検品が行われているので、品質には問題ないでしょう。

この「made in china」である点は、BN-RB62-C(スダンダードモデル)も共通です。

【比較】BN-RB62-CとBN-RB6-Cのまとめ

キャンプ、DIYや災害時にも活躍するポータブル電源の中から、JVCケンウッドの「BN-RB62-C」「BN-RB6-C」を取り上げてご紹介しました。

両方とも、

  • ハンドル付きで持ち運びが簡単
  • 付属のポーチにコード類が収納できる
  • 面倒な設定が不要で3ステップで簡単に使える

という特徴がありました。

充電・給電の効率をより重視するなら、価格は上がりますが「BN-RB62-C」がおすすめです。

ぜひ、購入の際の参考にしてみてください!

あなたにおすすめの記事

-アウトドア

© 2021 e情報ネット