おすすめ商品

エブリィフレシャスとハミングウォーターの違いを徹底比較!どっちの浄水型ウォーターサーバーがおすすめ?

ウォーターサーバーって種類がいろいろあって、どれにすればいいのか迷ってしまいますよね。

綺麗な水をいっぱい使いたいけど、水代とか追加料金を気にしながら使うのはストレス。

毎月の水の受け取りや空ボトルの処分も面倒くさくて、なにかと嫌になります。

たっぷり使えて面倒くさくない、そんなウォーターサーバーをお探しなら、

・エブリィフレシャスミニ

・ハミングウォーターflows

をぜひ検討してみてください!

水道水を補充するだけでいつでも美味しい水が飲める、毎月定額制のウォーターサーバーです。

この記事では、水道水浄水型ウォーターサーバーの中でも人気の2機種、

「エブリィフレシャスミニ」「ハミングウォーターflows」について、

それぞれの特徴やメリット・デメリットを、比較しながらわかりやすく紹介しています。

見出しだけでも目を通してみてくださいね。

エブリィフレシャスミニの特徴

エブリィフレシャスミニは、水道水浄水型の卓上ウォーターサーバーです。

卓上タイプとは、文字通りテーブルやカウンターの上に置いて利用するタイプのものです。

 

卓上タイプの特徴

◎メリット

・設置が手軽で場所を取らない

◎デメリット

・地震やぶつかった時など、落下のリスクがある

・子どもやペットでも触れる位置に給水口があるため、衛生面で気を遣う必要がある

 

ここからは、エブリィフレシャスミニの特徴をメリット・デメリット、スペック面から簡単にご紹介していきますね。

 

◎メリット
  • チャイルドロック機能付き!小さな子どもがいても安全

温水側には常時ロックがかかるようになっていて、温水を使用するにはロックを外す必要があります。

そのため、小さな子どもがいても安心です。

 

  • つぎ足し可能!好きなタイミングに補充できる

水を補充するタイミングは自由。ポット型のように空になるのを待つ必要はありません。

空になってから補充しても少し減った時に継ぎ足しても大丈夫です。

 

  • 優れた浄水能力!JIS S 3201の除去対象すべて+3項目をクリア

家庭用品品質表示法で定められた、除去対象物質を全てクリアした高い洗浄性能。

健康はもちろん、味についても安心ですね。

 

◎デメリット
  • 1ヶ月99Lの水を利用する場合、追加フィルターが必要になる

1ヶ月あたり99L以上ウォーターサーバーを使用する場合は、無料交換前にフィルターを消耗してしまうので別途の購入が必要になります。

これは浄水フィルター無料交換の期間が、6ヶ月594L(1日あたり3.3L)までの利用を想定しているからです。

 

◎スペック

冷水 5~10℃
(ECO使用時:約10~15℃)
温水 80~85℃
(ECO使用時:約70~75℃)
サイズ 幅:250mm
奥行:295mm
高さ:470mm
(フタを開けた高さ:670mm)
重さ 8.3kg
タンク
容量
冷水=0.8L / 温水=0.9L
消費電力 冷水=100W / 温水=200W

卓上サイズのコンパクトさが魅力。

また、シンプルなデザインなのでどんな部屋にでも馴染みそうですね。

ハミングウォーターflowsの特徴

ハミングウォーターflowsは、水道水浄水型の床置きウォーターサーバーです。

床置きタイプのメリット・デメリットは、こんな感じです。

 

床置きタイプの特徴

◎メリット

・転倒対策がしやすい

・給水口が小さい子どもやペットから届かないので、衛生面でも安心

◎デメリット

・新たに床のスペースが必要

・設置、移動が大変

 

それでは、ハミングウォーターflowsについても、メリット・デメリット、スペック面から簡単にご紹介しますね。

 

◎メリット
  • 常温水も飲める!「冷水・温水・常温水」の3つの温度に対応

3つの温度から好きなものをいつでも飲むことができます。

 

  • 給水口は1つに集約!迷わずに使える

冷水・常温水・温水は全て同じ給水口から出ます。

コップを置く場所を間違ったりすることはありません。

 

  • 利用シーンに合わせて!水受けトレイを2パターンから選べる

水受けトレイは、「コンパクトタイプ」「ワイドタイプ」の2種類を自由に付け替えることができます。

ワイドタイプは、トレイの「奥行き」が「+4cm」深いので、フライパンなど底の広い容器でも安定して置くことができます。

 

  • 量を気にせずたっぷり使える!1日10Lまで利用可能

「ハミングウォーターflows」の浄水フィルターは、1日あたり最大10Lまで利用可能。(総ろ過水量1,200Lのフィルターを4ヶ月で無料交換)

他社製品では3L前後を目安としているものが多いなか、かなり大容量です。

無料交換までにフィルター消耗すると追加費用がかかりますが、これだけあれば気にせず使っても問題なさそうですね。

 

◎デメリット
  • ボタン操作が温水と冷水で異なる

・温水 →ボタンを長押している間、温水が出る。

・冷水と常温水 →1プッシュで出水開始、もう1プッシュで止まる。

という操作の違いがあります。慣れるまでは混乱してしまうかもしれません。

 

◎スペック

 

カラー ホワイト、ブラック
サイズ 幅26cm、
奥行37cm、
(設置面奥行33cm)、
高さ120cm
重量 約20kg
水温・
湯温
水温6~10℃、
湯温80~90℃
タンク
容量
(冷水)1.5L
(温水)1.3L
(常温水) 1.1L
給水タンク 約4L
1か月の
電気代
約475円
機能 UV殺菌、エコモード、
チャイルドロック、 再加熱

 

エブリィフレシャスとハミングウォーターの違いを徹底比較!

これまで両者の特徴についてご紹介してきましたが、ここからは2つのサーバーについて

  • 口コミ
  • 電気代
  • 申込&解約費用

の3つの視点から「エブリィフレシャス」と「ハミングウォーター」を比較してみたいと思います。

エブリィフレシャスとハミングウォーターの評判を比較

◎「エブリフレシャスミニ」の口コミ

調べてみると、好意的な口コミがばかりでした。

エブリフレシャスミニは、発売からまだ日が浅いので口コミ自体が少ないですが、

否定的な意見は見つからなかったので、使っている人の満足度は高そうですね。

 

◎「ハミングウォーターflows」の口コミ

こちらも、好意的な意見がほとんどを占めていました。

 

しかし、中には「音が気になる」という意見も。

この方の場合は、うるさい程ではなく「部屋を無音にすれば聞こえる」というくらいの大きさだったようです。

寝室に置いたりすれば、多少気になることもあるかもしれませんね。

 

口コミをみる限り、両者とも大きな不満の声はなく、みなさん満足されているようでした。

利用者の満足度については、大きな差はないと考えてよさそうです。

 

エブリィフレシャスとハミングウォーターの電気代を比較

つづいて、月々の電気代を比較してみたいと思います。

それぞれの公式サイトによると、月々の電気代はこのようになります。

・エブリィフレシャスミニ ・・・約410円~/月

・ハミングウォーターflows・・・約475円~/月

※両社とも省エネ機能使用時を想定。

 

電気代に関しては、エブリィフレシャスミニに軍配が上がるようです。

エブリィフレシャスミニは卓上タイプですから、

コンパクトな分だけ消費電力も少なく抑えられるということかもしれませんね。

 

エブリィフレシャスとハミングウォーターの申込・解約費用を比較

つぎに申込方法と解約にかかる費用について、比較していきましょう。

 

◎「エブリィフレシャス」の申込・解約方法

申し込みは、エブリィフレシャス公式HPから可能です。

エブリィフレシャスミニ詳細はコチラ

エブリィフレシャス公式サイトはコチラ

 

解約手続きは、エブリィフレシャスのカスタマーセンターに

電話もしくはメールで問い合わせをすることで解約手続きが可能です。

◯解約の条件

  •   期間に応じて、以下の解約金が発生します。

1年未満で解約⇨22,000円(税込)

2年未満で解約⇨16,500円(税込)

3年未満で解約⇨11,000円(税込)

3年以上で解約⇨無料

 

◎「ハミングウォーターflows」の申込・解約方法

申し込みは、ハミングウォーター公式HPから可能です。

ハミングウォーターflows詳細はコチラ

ハミングウォーター公式サイトはコチラ

解約手続きは、お客様センターに電話で依頼する必要があります。

インターネットやメールでの解約はできません。

◯解約の条件

  •   期間に応じて、以下の解約金が発生。

2年未満で解約⇨16,500円(税込)

2年以上で解約⇨無料

  •   解約金の支払いは基本的にクレジットカード払いに限る

 

まとめると、このようになります。

契約期間 エブリィフレシャス ハミングウォーターflows
〜1年間 22,000円(税込) 16,500円(税込)
1年〜2年間 16,500円(税込) 16,500円(税込)
2年〜3年間 11,000円(税込) 無料
3年間〜 無料 無料

解約金で比較すると、ハミングウォーターの方が安く済むことが多いです。

少なくとも、ハミングウォーターがエブリィフレシャスミニより高くなることはありません。

 

エブリィフレシャスとハミングウォーターおすすめはどっち?

どちらがおすすめかは、家族構成や毎月の使用量などによって変わってきます。

機種別に、おすすめの方をご紹介していきますね。

 

◎エブリィフレシャスミニがおすすめ

  • 部屋のスペースに余裕がない方
  • とにかく手軽に設置したい方
  • 飲料水としての利用が主な方

 

◎ハミングウォーターflowsがおすすめ

  • 小さなお子さん、ペットがいる方
  • 大家族で水の消費量が多い方
  • 料理などでも幅広く、きれいな水を使いたい方

 

エブリィフレシャスはコンパクトな卓上タイプなので、一人暮らしの方などお部屋が広くない場合に向いています

また想定使用量は1日3.3Lまでなので、飲料水としてのみ利用するには十分な量といえますが、料理等にも日常的に使うとなると足りないこともあるかもしれません。

 

ハミングウォーターflowsは、部屋のスペースに余裕がある方におすすめです。

想定使用量は1日10Lと他社製品と、比較してもかなりの大容量なので大家族でも安心。

また、料理で利用することも想定した設計になっているため、日常的に料理をする主婦の方におすすめです。

 

エブリィフレシャスとハミングウォーター比較まとめ

それぞれの特徴から性能を比較してきましたが、いかがだったでしょうか。

それぞれの機種について、おすすめできる人をまとめると、このようになります。

エブリィフレシャスミニがおすすめの方

  • 部屋のスペースに余裕がない、一人暮らしの方など
  • とにかく手軽に設置したい方
  • 飲料水としての利用が主で、味を重視したい方
  • 電気代を安く済ませたい方
  • 短期間で解約する可能性のある方

 

ハミングウォーターflowsがおすすめの方

  • 大家族で水の消費量が多い方
  • 小さなお子さん、ペットがいる方
  • 料理などでも幅広く利用したい主婦の方
  • 常温水を利用したい方

利用シーンによって、どちらが使いやすいかは変わってきますので、

利用を検討される際はぜひ参考にしてみてください!

 

あなたにおすすめの記事

-おすすめ商品

© 2021 e情報ネット